読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

雑兵めし物語 (1) (バンブーコミックス)

雑兵めし物語 (1) (バンブーコミックス)

雑兵めし物語 (1) (バンブーコミックス)

作家
重野なおき
出版社
竹書房
発売日
2022-07-29
ISBN
9784801978058
amazonで購入する Kindle版を購入する

雑兵めし物語 (1) (バンブーコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

10$の恋

読み友さんのレビューを拝見して_。「へぇ~」って思う戦国時代の携帯食について、足軽や下級武士の立場から描かれた4コマ漫画。楽しみながら歴史も知れる。武田信玄の治める「甲斐」と戦う「信濃」側の雑兵事情、特に空腹だけは命に関わる。と言うか、食うために戦場へ行くのが本音。家臣と雑兵の違いがここにある。私が今、好んで読んでるシリーズ『三河雑兵心得』と内容が繋がっているし、こりゃ今までと戦国時代観が変わったよ。「干飯」「芋がら縄」「味噌玉」、武田の強さの根源「ほうとう」など。いつの時代も食べれることは幸せなんだね。

2022/08/19

alleine05

今までのこの作者の時代ものは歴史上で有名な武将の話が主だったが、今回はタイトル通り雑兵の話。それだけにやはりこの時代生きるのってたいへんだったのねとよくわかる。ギャグのおかげで笑える描写にはなっているけど。そしてめしとタイトルについている通りお食事ものでもあるのだけど、さすがに主人公が雑兵という立場だからめしもそれなりの内容。それでもなんだかんだで美味そうだけどね。1巻完結ではなく続くようだけど、最終的にはどういうところまで進むのだろう。

2022/08/22

金目

重野先生の新しいファミリー漫画、ただし戦国時代の雑兵が主人公w武士であれば誇りも名誉もあろうが、雑兵はうまい飯が食えればどこにでも戦いに行くという、壮絶な状況をあくまで楽しく分かりやすく描いているのはさすが。なんでもおいしく食べるつるちゃんのくるくる変わる表情がまた可愛い

2022/08/10

メガ猫親父

これはまた新しい切り口。重野氏の引き出しはまだまだあるか。

2022/08/07

もだんたいむす

馬場信春がめちゃくちゃイケメン。あと、戦国時代の食べ物のことが分かり、面白い。

2022/08/25

感想・レビューをもっと見る