読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

脳が若返るメモする習慣

脳が若返るメモする習慣

脳が若返るメモする習慣

作家
米山公啓
出版社
中経出版
発売日
2006-01-12
ISBN
9784806123491
amazonで購入する Kindle版を購入する

脳が若返るメモする習慣 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kinkin

考えたことを書く、メモする、確かにバカにできません。つまらないことから 大事なことまでいつもメモするようになりました。

2013/06/18

Shimizu Hitoshi

会った人の名前を時系列に書く。人間関係を色分けした線でつなぐ。 ブログは毎日更新する。1枚写真を添える。 夢を絵にする。実現可能性50%を目標にする。 笑いがとれた冗談はノートに書く。

2013/10/07

まる

こういう本を読むたびにevernoteってすごい便利なんだなと感じる。が、そもそもメモすることの大切さを感じたことないので、まずはそこの意識改革が必要。この点について、深くまで考えなきゃ。

2014/11/26

Hiden

一見ムダにみえることでも感性を磨くことは非常に大事。ワインを様々な種類飲む、それによって脳が刺激され、感性が磨かれ、細かいところの分別ができるようになる。お金のムダと思わない!遊びや趣味にのめり込んでお金を投資することも感性を磨くためには必要。

2013/04/12

nob

考えながら書くことが脳に刺激を与える。書くことで情報への感度が鋭くなる。「書ける」自信は「書いてきた」経験が作る。文章を書くコツは「とにかく書く」こと。「メモ術」というほど特殊なテクニックは紹介されていませんが、毎日書く習慣を持つ人は感性が研ぎ澄まされる、ということは納得。

2013/02/15

感想・レビューをもっと見る