読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

マルコムX・スピークス

マルコムX・スピークス

マルコムX・スピークス

作家
マルコムX
ジョージ・ブレイトマン
長田 衛
出版社
電子本ピコ第三書館販売
発売日
1993-02-25
ISBN
9784807493067
amazonで購入する

ジャンル

マルコムX・スピークス / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

テツ

「自由のために死ぬ覚悟がないのなら、自由という文字をお前の辞書から消すがいい」マルコムXのスピーチ集。怒りだけが彼を駆り立てる原動力であり黒人の同胞たちを謂れなき鎖から解き放ち自由を与えるために邁進することのみが彼の存在意義だった。知性と暴力性が溢れんばかりの彼のスピーチ。賛否はあれども、己の全てを文字通り全身全霊をかけて生命を燃やし尽くし自由のために戦い抜いた魂のスピーチは黒人ならずとも読んでおいた方が良いと思う。黒人初の大統領が生まれその次には白人至上主義の大統領が生まれ、マルコムは何を思うのか。

2017/08/21

†echiopian †

みんな大好きブラックパンサー。僕ら大好き黒人奴隷の味方! スピーチの内容を留める程度に終わっているので、マルコムを理解する書籍として、資料価値は高いが、彼の事を理解したいなら副次的な資料として読むのが一番だろうか

2013/04/10

Hiroaki Hanawa

1993/3/3

感想・レビューをもっと見る