読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

僕はこうして日本語を覚えた

僕はこうして日本語を覚えた

僕はこうして日本語を覚えた

作家
デーブ・スペクター
Dave Spector
出版社
同文書院
発売日
1998-09
ISBN
9784810375404
amazonで購入する

僕はこうして日本語を覚えた / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

milk tea

日本に興味を持ち始めた時、毎日漢字を30ずつ書いて覚えたというのをテレビに出演されてた時にお話されているのを見た。この時、「努力を努力と思わない人」だと思った。それ以上に興味のほうが勝ってた。英語を使ってインタビューする時に、一番適切な単語が出てこなかったり、テレビで英語を聞いている時に日本語の字幕を見てしまったりと今は日本語でのほうが考えやすいそう。アメリカで生まれ育っても、日本語の微妙な意味合いまで知ってしまうとそうなってしまうのか。日本を愛してやまないデーブさん、思った通り素敵な人でした。

2017/02/19

DICE-K

外国語を学ぼうとする人は多い。我々が話している日本語も海外の人にとっては立派な外国語。では逆にどうやって日本語を学んだんだろう?という素朴な疑問から本書を手に取りました。答えはとてもシンプル。努力!…なんだけど、楽しみながら努力。興味を満たすために努力。スタートはその言葉を話す国に対する興味から。音楽だったり料理だったり映画だったり。深く知りたいからこそ学ぶ。自らの意思で。デーブさんの中では今でも興味は続いているらしい。

2014/09/29

さきん

日本に興味を持ち、人生のライフワークまでにする。両親の理解あってのものだと感じた。俳優としての才能があって、子役もしていたそうだ。人間関係の環が広がっていく様子がすごい。好きこそものの上手なれを地で行っている。知らない単語は全部メモし、実際に使ってみることの繰り返し。その内、覚える単語の優先順位が見えてくるようだ。

2017/12/02

isao_key

数多くいる外国人タレントの中で、最も知性を感じさせ、日本語が抜群に上手なのは、デーブ・スペクター氏であることに異論はないだろう。この本は彼の日本語学習術と語彙ノートが公開された貴重な著書である。いかにしてあれだけの日本語が獲得できたのかが、余すことなく述べれれている。日本語教師、学習者双方とも役に立つ優れた一冊。彼の手帳に書かれた漢字をみると言葉に対するこだわり、向上心、探究心がよくうかがえる。日本人でも書けないような漢字を書いてメモしている。また第6章にはデーブの語学学習十箇条がありこちらも参考になる。

2013/03/21

澤水月

シカゴでの優勝弁論草稿「三島由紀夫の生涯と自殺」。また実物写真入り「漢字ノート」がすさまじすぎ。“GOHUJO 御不浄 polite for便所”などびっしり。搾取、被搾取階級、藉口(右よく活動に藉口して…)恫喝外交「口でえばるだけ」、とらの子、アメドロボー(Rape)などなど日本人も知らない言葉や文例を日英語で隙間無く埋め圧巻。「所ジョージのように知識はすごいが無害化するか、談志や大竹まことのように有害化するか日本の芸能界は選ばねばならない。僕は有害化を選んだ」「二重敬語を間違う日本人多いよね」…感服

2009/11/17

感想・レビューをもっと見る