読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ごんげさま (京極夏彦のえほん遠野物語 第二期)

ごんげさま (京極夏彦のえほん遠野物語 第二期)

ごんげさま (京極夏彦のえほん遠野物語 第二期)

作家
京極夏彦
軽部 武宏
柳田国男
出版社
汐文社
発売日
2018-05-31
ISBN
9784811324814
amazonで購入する

ごんげさま (京極夏彦のえほん遠野物語 第二期) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

京極夏彦の『えほん遠野物語シリーズ』を読み続けています。 第二期第三弾は、『ごんげさま』、『ごんげさま』も知らないけど、何と思いながら読みました。『ごんげさま』≒獅子頭のようですが、少し違うとの事です。今回はあまり怖くありません。 https://www.choubunsha.com/special/tohno/

2018/06/01

ままこ 🐸

ドーンと迫力のある表紙。獅子舞に似てるけど少し違う。荒々しいけどしっかり御利益もある。耳が欠けてる理由は読んでみるとわかる。ごんげさまはとても雄々しい。【日本の夏は、やっぱり怪談〈和洋折衷〉】

2018/08/30

keroppi

霊験あらたかな「ごんげさま」だけど、喧嘩して耳を食いちぎるなんて。遠野には、様々な霊がいて、生活に寄り添っていたのだな。「ごんげさま」の絵は、迫力がある。

2018/07/07

tama

図書館本 京極シリーズのうち絵本 今後も図書館で次々と購入してくれますように!!権現様と書くようで、神様ですな。しかし行動が犬っぽい。アイヌ犬とか秋田犬とかデカイやつらみたい。絵本1p目 見開きで、視線が右の端から左側へと誘導される。お神楽舞に入りたくて騒ぐので蔵に入れられてしまい窓から目だけ羨ましそうに見えてる(犬だ)。火事の火を食い消した権現様は口から白い煙をたなびかしてる。犬の喧嘩と同じで噛み合いをやる。負けた権現様の顔はちょっと悲し気。可愛い。

2018/07/26

たまきら

今年の正月を、私たちは早池峰神社で迎えた。そこは私たち夫婦が出会った場所であり、娘は神楽を2日かけて見続ける私たちに寛大に付き合い、勝手に友達を作って遊びまわっていた。場に常に凛とした空気を与えていたのが権現様だ。アーモンド形の瞳をした早池峰の権現様は真っ黒で、大きな歯をしていて、オタマは見入っていたっけ。宿坊にはとても古い権現様が鎮座していた。「ほんとうのはなし?」と何度も確認しつつ、あの旅を思い出し、岳の権現舞を見直した今朝。「ほんとうにいるよ」と。ふとあの特別な空気を思い出した。

2018/07/31

感想・レビューをもっと見る