読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小説 ほしのこえ (新海誠ライブラリー)

小説 ほしのこえ (新海誠ライブラリー)

小説 ほしのこえ (新海誠ライブラリー)

作家
大場惑
新海誠
出版社
汐文社
発売日
2018-12-21
ISBN
9784811325064
amazonで購入する

小説 ほしのこえ (新海誠ライブラリー) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

りー

2002年に独力で製作した、たった25分のアニメーション映画「ほしのこえ」でデビューした新海監督。デビュー作とは思えない純度の高さ。いや、デビュー作だからこそなのか。宇宙船・エイリアンとの戦い・徴兵、というバリバリのSFなのに、ただひたすら少年と少女の想いだけが星の光のように届く。

2019/06/09

めかぶこんぶ

設定が好き。ショートで気軽に読める内容。映画とは少しラストが違う感じ?

2020/05/04

サクラ

壮大な話、なのにあっさり読めるって、ある意味凄い😅ちょっと本当に色々と意味不明のプロットがありましたが面白かったです

2019/12/21

レオ🦁

少し前にアニメーションのほうをみてから、ノベライズを読んだ。抗えないまま引き裂かれていった二人の姿が切なくて苦しくてたまらなかった。最後は無事に再会できてよかった。アニメーションもう一回みたくなった。

2019/03/01

あんなに長いことずっと離れていたのに、まだお互いがお互いを好きで、たまらなく切なかった。。。 ただ、小説では想像できない場面も多かったので、アニメの方もみたいです^ ^

2020/01/23

感想・レビューをもっと見る