読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

異次元篇 次元を駈ける恋/潮の匂い (SFショートストーリー傑作セレクション)

異次元篇 次元を駈ける恋/潮の匂い (SFショートストーリー傑作セレクション)

異次元篇 次元を駈ける恋/潮の匂い (SFショートストーリー傑作セレクション)

作家
星新一
筒井康隆
平井和正
眉村卓
日下三蔵
谷川千佳
出版社
汐文社
発売日
2019-01-31
ISBN
9784811325484
amazonで購入する

異次元篇 次元を駈ける恋/潮の匂い (SFショートストーリー傑作セレクション) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

スターライト

事故死した恋人を偶然手に入れたタイムトラベルの能力で救おうとする男を描く「次元を駆ける恋」ほか、全5篇を収録。どの作品も作者の魅力がつまった傑作揃いだが、日常生活からの逃避が思わぬところに迷い込むサラリーマンを描いた「潮の匂い」、ある発明品により次々と人々が「自殺」していく「殉教」が特に印象に残った。前者はサラリーマンの心情をうまくとらえ、ラストの一種のすがすがしさには共感する者も多いのではないか。後者は軽いタッチで書かれているが、生死を問う哲学的な要素に満ちており、作者の腕の冴えをみる思いだ。

2019/03/23

由紀子@中3です

平井和正さんの「次元を駈ける恋」がせつなくてつらくて、筒井康隆さんの「母子像」がこわかったです。

2019/02/03

かめ

やはり、いい。

2019/02/02

感想・レビューをもっと見る