読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

みんなだいじないのち 赤ちゃんはどうやってうまれるの?

みんなだいじないのち 赤ちゃんはどうやってうまれるの?

みんなだいじないのち 赤ちゃんはどうやってうまれるの?

作家
フランソワーズ・ローラン
セバスチャン・シェブレ
宋美玄
出版社
汐文社
発売日
2020-09-19
ISBN
9784811327693
amazonで購入する

ジャンル

みんなだいじないのち 赤ちゃんはどうやってうまれるの? / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あひる

すごくリアルなはなしですね。。絵本って呼べるのかな?

2021/04/15

てぃうり

新解説の人の誕生絵本。体外受精、保育器、自然分娩でない生まれ方があること、母乳でなくていいこと、いろんなかたちの分娩があることを教えてくれる。赤ちゃんはたっぷりの愛情で大きく育つことを再認識させられた。妊娠中のお母さんに一番読んでほしい。

2020/12/20

shoko.m

タイトルの通り、赤ちゃんがうまれるまでをわかりやすいイラストで解説した科学絵本。いいなと思ったのは、体外受精のこと、早く生まれたら保育器に入ること、ときには帝王切開になることがあること、おっぱいでもミルクでもかまわなくて愛情がだいじであることもかかれているところ。今の時代にあっている。

2020/11/06

ryou

生命の誕生を、いやらしくなく説明している。学校図書館に置きたい。大人にもぜひ、読んでもらいたい絵本。小学校5年生の授業で、赤ちゃんの誕生を勉強するが、もっと小さい時から手にとっていたら良いと思う。弟や妹が生まれた時にもすんなり受け入れられると思う。

2021/01/24

感想・レビューをもっと見る