読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「超」怖い話 甲 (竹書房文庫)

「超」怖い話 甲 (竹書房文庫)

「超」怖い話 甲 (竹書房文庫)

作家
松村進吉
出版社
竹書房
発売日
2014-07-29
ISBN
9784812488133
amazonで購入する

「超」怖い話 甲 (竹書房文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆみきーにゃ

《購入》またまた実話怪談。特段怖~いお話はなかったかな。

2017/04/09

ラルル

ラストの話とあとがき以外あまり印象に残っていない…軽めなのか自分が慣れてしまったのか? ラストの話は何とも厭~な感じです

2015/08/26

パブロ

やっぱり基本に忠実ってことが一番なんですね〜。精神病とかの突き抜けた話題は違う本でまとめて、この実話怪談の老舗である『「超」怖い話』では王道で行く。私はあとがきで書かれた文章を読んで、そんな著者の宣言を感じました。うん、無骨でキッチリ怖がらせてくれる実話怪談の数々。ギリシア文字から新シリーズに変わった夏版の『「超」怖い話』へ向けたしっかりとした指針を見させてもらいました。うん、こうなったらこっちも見届けさせてもらいますよ、これからもず〜っと!

2014/08/11

猫子

【日本の夏は、やっぱり怪談<其の一・和編>(8月1日-10日)】実話怪談。超怖い話の新しいシリーズである。前作ギリシャ文字編の前半に比べると後半から今にかけては随分と文学的になったな、と。ギリシャ文字編の最初の方はえげつない内容ばかりだったので、 、、新シリーズは入門編ですな(´ω`)

2014/08/03

澤水月

数年前から(「実話系」あたり?)大丈夫かなぁと心配してたんだがやはり大変なんだなぁと後書きで(あのお方の突き抜けた狂気に触れ続けるには生真面目な方なのかな)。イノキにはなるほど! しかしアッチが干支ならコッチは十干?! えっと…個人的には偉大なシリーズに敬意示しオメガで〆ても…という思いが(冬にも)残るのだが…書き続けるためにも御身大事に願いたいものです

2014/07/30

感想・レビューをもっと見る