読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ほごけん (バンブーエッセイセレクション)

ほごけん (バンブーエッセイセレクション)

ほごけん (バンブーエッセイセレクション)

作家
柴田亜美
出版社
竹書房
発売日
2012-07-25
ISBN
9784812490266
amazonで購入する Kindle版を購入する

ほごけん (バンブーエッセイセレクション) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひみこ@絵本とwankoが大好き♪

保護された犬や猫が新しい里親さんのもとで、幸せな第2の生活を送れるお手伝いをするボランティアの方々には頭が下がります。この本を読んで今まで関心のなかった人たちの胸に響けばいいなぁ・・・と思いました。将来的には私も里親のひとりになりたい!とも思いました。この本を少しでもたくさんの人に読んで欲しいと思います!

2012/09/29

へへろ~本舗

柴田さんのやっている保護犬預りについて描かれたエッセイコミック。保護犬の中には他の犬の餌まで食べてしまう犬がいてそういう犬は飢えた経験をしている、という箇所で切なくなってしまった。動物を飼う場合は自分のこれからの寿命や人生計画を考え、成犬・成猫から飼うこともありかなと思った。とても難しい事だけど命を預かるということをよくよく考えてみる事が大事。ただ、描かれている犬達が自分の好みからしたらあまり可愛らしさを感じなかったことが残念。

2015/02/09

まつじん

あぁ、ワシも犬飼いたいなぁ~、んがしかし柴田亜美さんの犬の絵はイマイチ好きになれんかった。本人ブログでも犬たちは写真だしネェ。

2014/11/03

ぽち

動物を飼うなら知っていてほしい、保護犬や保護猫ボランティア。あーみんがされていたのは知らなかったのでちょっとびっくり。でも生き物飼ってたら人間はあまり落ち込んでばっかりもグロッキーになりっぱなしにもなれないというのはよく分かる。暗くなりそうなテーマでもこの方が描くとおおむねギャグで読みやすい。ペットショップやホームセンターに行く前に、こういう出会い方もあるともっと広がるといい。

2012/10/20

rikakowave

犬を飼っていると、どうしてもこういう本に弱いですね。柴田先生のブログ読者でもあるのに、購入&号泣です。これから犬を飼おうという方、もしくは「もう一匹」と思われている方に、ぜひ読んで欲しいです。そして、「ほごけん」を飼う、という選択もあるということを知って欲しいです。 余談ですが、我が家の二匹目の犬も、「展示会」という名の叩き売り(売れ残り)です。

2012/08/04

感想・レビューをもっと見る