読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

美女と拳銃 (BLOOM COLLECTION)

美女と拳銃 (BLOOM COLLECTION)

美女と拳銃 (BLOOM COLLECTION)

作家
オリヴィエ・プリオル
寺田克也
中条省平
中条 志穂
出版社
TAC出版
発売日
2018-10-25
ISBN
9784813271574
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

スマホ以外なにも持っていない兄弟が、映画をつくり始めた。カトリーヌ・ドヌーヴ主演、ジャン=リュック・ゴダール監督。カンヌを舞台に、フランス映画界の超セレブ総登場で撮影は敢行される。この兄弟は若きサギ師なのか? 天才なのか? 妄想力大爆発のフランス文学の新しい波! カバーイラストに寺田克也。中条省平+中条志穂による「登場人物解説」掲載。

美女と拳銃 (BLOOM COLLECTION) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

qoop

映画祭で沸くカンヌを舞台に、フランス映画界の有名人を誰彼となく実名で登場させた本作は、映画人たちの言動を模して虚構に現実味を挿入した物語…なのかと思いきや、そこからの飛躍が素晴らしい。虚像を突き詰め実像以上の存在感を与えるというのは、まさに映画的な手法だろう。フランス映画を題材にしたメタフィクショナルな展開に、この手法は実に適している。手を替え品を替え緊張感を保つ気配りをみせる点もまた、映画/フランス映画的だと云えるかもしれない。

2018/12/19

zikisuzuki

フランス映画の世界を虚実織り交ぜて築き上げたフィクション。カトリーヌ・ドヌーブ、ジャン=リュック・ゴダールを巻き込んでいく兄弟の放つ言葉の中に、美意識と確信がヒリヒリとした感覚を感じさせてくれた。フランス映画の知識の無い私には、注釈をそのページの中で読めるスタイルが助かった。

2019/01/03

a.k.a.Jay-V

ヤラれた!完全に一本取られた!フィルムで小説を書きやがった!ノーギャラで沢山の映画監督や俳優が「出演」。そしてラストは海辺!この衝撃、正に400回の殴打、打撃!

2018/11/23

感想・レビューをもっと見る