読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。 (スターツ出版文庫)

あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。 (スターツ出版文庫)

あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。 (スターツ出版文庫)

作家
汐見夏衛
出版社
スターツ出版
発売日
2016-07-28
ISBN
9784813701309
amazonで購入する Kindle版を購入する

あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。 (スターツ出版文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

相田うえお

★★★☆☆18080 わー!もうページを捲る手が止まらず一気読みでした。女子学生が大平洋戦争真っ只中の時代にタイムスリップして特攻隊員に恋をしてしまいますが、その彼に出撃命令が。決して帰る事が出来ない任務に彼女は納得出来ず...と流れていく話です。戦時中にタイムスリップする系の作品は意外と多いですが、この作品は戦争を知らない方にも興味を持ってもらうための脚色と人の素直な気持ちを描いたところがいいですね。色々なエッセンスの詰まった良作でした。大号泣とまではいかないもののラストで若干涙腺が揺さぶられますよ〜。

2018/09/18

papako

お気に入りさんのレビューで気になって。終戦の年にタイムスリップした女子中学生と特攻隊員との恋物語。その時代にそんなか?と思う部分もありましたが、特攻隊の皆さんが、この物語のように話して食べて恋をしてくれていたらいいなって思わずにいられません。続編が携帯小説らしいので、探して読んでみよう。主人公の手紙ではなく、他の隊員の手紙にうるっときたな。

2018/11/10

kera1019

中2の娘に借りた本。この季節にピッタリで色々考えるキッカケになりました。なかなか向き合う時間は取れませんが一年に一度くらい、ちゃんと考えないといけないなと思いました。

2020/08/03

あやさくら

長らく積読本であったが、なぜ早く読まなかったのかと後悔。時間を忘れるように読みきった。 戦争とは無縁であった少女がタイムスリップし特攻隊員と恋に落ちる物語。ライトな文章とは裏腹に内容がとても深い。現代では当たり前な戦争に否定的な考え、命を重んじる思想は昔でいう非国民。そのギャップと叶わぬ恋に苦しむ百合の姿、特攻隊としての信念がありながら百合の事を想う彰。胸が一杯になり涙なしには読めない。是非、多くの人に読んで欲しい作品。

2019/07/18

breguet4194q

なぜ人気があるのか、ぼんやり考えてました。ただの恋愛小説ならありきたりなベタな内容ですんでしまうが、時代背景をこういったアプローチで学ぶ事は、戦争を知らない世代には非常にいいと思いました。

2020/09/09

感想・レビューをもっと見る