読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

満月の夜に君を見つける (スターツ出版文庫)

満月の夜に君を見つける (スターツ出版文庫)

満月の夜に君を見つける (スターツ出版文庫)

作家
冬野夜空
出版社
スターツ出版
発売日
2019-08-28
ISBN
9784813707424
amazonで購入する Kindle版を購入する

「満月の夜に君を見つける (スターツ出版文庫)」のおすすめレビュー

絵を描くのが好きな男子高校生と、悲しい宿命を背負った女子高校生…世界が一瞬で色づく恋の物語

『満月の夜に君を見つける』(冬野夜空/スターツ出版)

 世界の色が一瞬で変わる。モノクロだった景色が突然鮮やかに輝きだす。あの人のせいだ。あの人と出会う前には戻れない。あの人なしの日常なんてもう考えたくもない。そう思わされるような出会いを、あなたは経験したことがあるだろうか。

 冬野夜空さん著『満月の夜に君を見つける』(スターツ出版)は、そんな永遠の恋を描き出した作品。高校生のリアルな恋愛を描きながらも、ファンタジー要素もあり、あっという間にその世界に惹きつけられてしまう物語だ。

 主人公は、絵を描くのが好きな男子高校生・本宮。彼の席の隣には、奇妙な空席があった。高校に入学してから2カ月以上の月日が経っているのに、その席は空いたまま。本宮は、空席を埋める転校生をイメージしては、毎日モノクロの絵を描いていた。ある日の放課後、本宮が教室に残って絵を描いていると、そこに、不思議な雰囲気を纏った美少女・水無瀬月が現れる。そして、彼女は翌日から本宮の隣の空席を埋め、彼のクラスの一員となった。「私、あなたの絵が好き」。率直に本宮の絵を褒める月。本宮は月と一緒に絵を…

2020/8/26

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「満月の夜に君を見つける (スターツ出版文庫)」の関連記事

僅か半年で7万2000部超え! 『一瞬を生きる君を、僕は永遠に忘れない。』著者・冬野夜空、初インタビュー

 余命短い彼女と、彼女の写真を撮り続ける僕。ふたりの切なくも濃密な2カ月間を描いた『一瞬を生きる君を、僕は永遠に忘れない。』(スターツ出版)が、現在7万2000部を超えるヒットに。著者の冬野夜空さんは、これがデビュー2作目の若手作家。大学に通うかたわら小説を執筆し、今もっとも期待されるライト文芸作家のひとりとして注目を集めている。

 作家を目指した経緯、『一瞬を生きる君を、僕は永遠に忘れない。』の誕生秘話、最新作『あの夏、夢の終わりで恋をした。』での挑戦など、初めてのインタビューでたっぷり語っていただいた。

じんわり切ない読後感の物語を描きたい

──はじめに、冬野さんが小説を書こうと思ったきっかけを教えてください。

冬野夜空さん(以下、冬野):いくつかありますが、一番大きいのは「読んでいたら書きたくなった」というシンプルな理由です。特に好きな作家は三秋縋さん。三秋さんは“不幸中の幸い”を描くのがうまいんですよね。不幸が前提にありつつ、その中で幸せを見つける物語が多く、影響を受けました。僕のデビュー作『満月の夜に君を見つける』(スターツ出版)も、三秋さんの…

2020/8/22

全文を読む

関連記事をもっと見る

満月の夜に君を見つける (スターツ出版文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しお

物語はいいのに日本語おかしかったり文の繋げ方がおかしかったりしてぜんぜん感情移入できなかった、、 逆に言えば文章を書くのさえ上手くなればめちゃくちゃ好きです追います、それくらいお話は好きでした

2021/02/28

かなかな

「幸せで短命な人生か、平凡だが長寿な人生か。どちらを選ぶのが自分にとって幸せなのだろうか。」をテーマにしている作品。孤独で灰色の高校生活を送っている主人公の隣の席は長らく空白だったが、ある日を境に席の主である不思議な雰囲気を醸し出す女子が現れ親密になった時物語が動くというあらすじ。手に取る方は裏面のあらすじはネタバレになるので読まないほうが良いです‥デビュー作品なので荒削りな部分が多く、ファンタジー要素も多いので好き嫌いが分かれそう。読後考え抜いたが今作のテーマになっている問の答はまだ見つけられていません

2020/10/03

絵の力について重いものを感じた。読みやすくて何回でも読める。最後は本当に予想を裏切られて感動しました。すごくおすすめです

詩界 -うたか-

#読了 #冬野夜空◆使われている教室に、空席がある。誰も座ることの無い席。僕は想像で座るはずだった人物を描いていた。友達もいない、疫病神の僕は一人、その絵を描いた。そして、僕は出会ってしまったんだ。この世界で、とても美しい女の子に。「——わたし、貴方の絵が好き」僕の世界に、色が塗られていく◆絵を描く事、色をテーマにした純愛物語。傷を負いながらも成長していく。読みやすい。ちょっと使う予定のネタが被った事に悲しみを覚えた。

2020/01/18

悠理のお父さん

すごく大切な人に会いたいという気持ちにさせてくれる一冊でした。月と太陽、相反する絵を描く二人だったが、お互い自分に無い色を相手の中にみつけていく。でも二人は近づけば近づく程、月の命が削られていく。「幸せとは何」なんて哲学的なものに偉そうなことは言えないけど、人と関わることを避けてきた太陽が月という一人の少女を思いやる切ない気持ちは生きていく上でかけがえのない幸せ。短くて濃い人生、長くて平凡な人生、死と言う無限に広がる恐怖の前には、後者を選ばざるを得ない。だから私達はロマンチックを小説の中で浸るのではないか

2021/07/25

感想・レビューをもっと見る