読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あの夏、夢の終わりで恋をした。 (スターツ出版文庫)

あの夏、夢の終わりで恋をした。 (スターツ出版文庫)

あの夏、夢の終わりで恋をした。 (スターツ出版文庫)

作家
冬野夜空
出版社
スターツ出版
発売日
2020-06-25
ISBN
9784813709275
amazonで購入する Kindle版を購入する

「あの夏、夢の終わりで恋をした。 (スターツ出版文庫)」のおすすめレビュー

人生は取捨選択の連続。「もしも」の世界を描く、切なすぎるSF×ボーイ・ミーツ・ガール小説

『あの夏、夢の終わりで恋をした。』(冬野夜空/スターツ出版)

 人生は、後悔の連続だ。私たちはいつだって「あの時ああしていれば…」と悔やみ、もうひとつの叶わなかった未来に思いを馳せる。ゲームならセーブポイントまでさかのぼってフラグを立て直せるが、現実はそうもいかない。そのうえ、過去に戻って選択し直したところで、今より良い結果になっているとも限らない。どんな道を選んでも、今を大切に生きるしかない。そうわかってはいるが、どうしたって苦い思いは胸にくすぶり続ける。

 冬野夜空さんの新作『あの夏、夢の終わりで恋をした。』(スターツ出版)も、そんな選択と後悔の物語だ。

 2年前、羽柴透は交通事故により、妹を目の前で失った。足がすくんで一歩も動けなかった自分を責め、本来妹が経験するはずだった青春を拒み、音楽の道も諦めてしまった透。だが高校最後の夏休み、ふらりと入ったカフェで、透はピアノを弾く少女・日向咲葵と出会う。その音色、微笑をたたえた横顔に一瞬で魅せられ、透は彼女に告げる。「……ひと目惚れ、しました」と。

「後悔のない選択を」という透の理念から外れた行動だったが…

2020/8/27

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「あの夏、夢の終わりで恋をした。 (スターツ出版文庫)」の関連記事

僅か半年で7万2000部超え! 『一瞬を生きる君を、僕は永遠に忘れない。』著者・冬野夜空、初インタビュー

 余命短い彼女と、彼女の写真を撮り続ける僕。ふたりの切なくも濃密な2カ月間を描いた『一瞬を生きる君を、僕は永遠に忘れない。』(スターツ出版)が、現在7万2000部を超えるヒットに。著者の冬野夜空さんは、これがデビュー2作目の若手作家。大学に通うかたわら小説を執筆し、今もっとも期待されるライト文芸作家のひとりとして注目を集めている。

 作家を目指した経緯、『一瞬を生きる君を、僕は永遠に忘れない。』の誕生秘話、最新作『あの夏、夢の終わりで恋をした。』での挑戦など、初めてのインタビューでたっぷり語っていただいた。

じんわり切ない読後感の物語を描きたい

──はじめに、冬野さんが小説を書こうと思ったきっかけを教えてください。

冬野夜空さん(以下、冬野):いくつかありますが、一番大きいのは「読んでいたら書きたくなった」というシンプルな理由です。特に好きな作家は三秋縋さん。三秋さんは“不幸中の幸い”を描くのがうまいんですよね。不幸が前提にありつつ、その中で幸せを見つける物語が多く、影響を受けました。僕のデビュー作『満月の夜に君を見つける』(スターツ出版)も、三秋さんの…

2020/8/22

全文を読む

関連記事をもっと見る

あの夏、夢の終わりで恋をした。 (スターツ出版文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

優希

キュンとするようなひと夏の純愛の物語でした。理想の幸せと悲痛の運命が絡み合う中で、残酷に幸せを美化している印象を受けます。選ぶことが多いけれど、選ばなかったことがどうなるのか気になって仕方ありません。

2021/08/14

本屋びと

この作者さん、前の作品が売り場で大展開されてて内容も面白かったから、こっちも読んでみた。ただ、うーん。ちょっとSF設定が極端というか、全部うまくいきすぎなのは、白けちゃうというか、ハッピーエンドと言えるのかな……。前に読んだ『Hello,Hello and Hello』みたいなビターな終わり方のほうが、切なさとかカタルシスが残る気がするなー。セリフも、キミスイっぽかった前作のほうが好みかな。。。辛口ですみません!!期待が大きすぎたのかも。

2020/12/17

あさひも

「人生とは取捨選択の連続でできている」冬野夜空作品の3作目ずっと積んでいましたがようやく読みました。内容は処女作と同じような恋愛にSFを絡めた物語です。3作目ともなると冬野先生の書きたいことが分かってきたような気がします。現在でてる4作目もいつか読みます。

2021/08/18

かなかな

とても美しく綺麗にまとめられている小説だった。 もしもこうならば‥のifからのanother 爽やかな青春物語で終わらないところが さすがだなと拍手を送りたい。 ラストパートはもう少し読みたいな‥と 思ったがこのぐらいがその後のことを 自分なりに想起できていいのかな‥ 冬野夜空先生の物語はいつも 心が澄んでいくような読後感を味わえる!

2020/08/23

リク

人生にセーブデータはない。でも考えてしまう。もしあのとき、今と違う選択肢を選んでいたら。これは諦めきれなかった少年少女が起こした奇跡。ラブストーリーなのは同じだけど、前作とは違って感動系というよりはSFチックな感じで楽しめた。咲葵のパートが別であったのが彼女の心情を描きつつ、何があったのかを徐々に明らかにしていくギミックとしてもうまく働いていたと思う。どんな道を選んでも変わらない、諦めないで一歩踏み出したものだけが幸せを掴めるのだろう。

2020/06/27

感想・レビューをもっと見る