読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天皇は「元首」である

天皇は「元首」である

天皇は「元首」である

作家
竹田恒泰
出版社
産経新聞出版
発売日
2019-11-13
ISBN
9784819113755
amazonで購入する Kindle版を購入する

天皇は「元首」である / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

それいゆ

安倍首相の辞任が発表され、次の自民党総裁は誰になるか注目が集まっている中、最近河野太郎防衛大臣が述べた女系天皇容認が話題になっています。青山繁晴なんかは、このことだけで河野太郎を次期総理には絶対にできないと言います。皇室の歴史の中で、一般男性が皇族に入った例はありません。男系による皇位継承の維持、これが伝統であり原理であるという竹田さんの説明に納得です。女子差別だというレベルで論じる性質のものではありません。安倍首相のいうとおり、「国民の支持を得て現在に至るもの」だということがよく分かりました。

2020/08/30

dai267712

竹田先生による天皇論。旧皇族ならではの詳しい見識に大変勉強になりました。皇室にたいする敬語の使い方や、皇族方の敬称などもきっちりしていて大変読み易かったです。私が一番良かったと思ったのが、孝明天皇の「譲位の内勅」です。以前、筆者の動画チャンネルで知って、著者にしてほしいと思ってました。文字起こしされた「譲位の内勅」を読むと孝明天皇の苦悩と絶望が良くわかりました。憲法による天皇の解釈や皇室典範など、知らない事がたくさんあって勉強になりました。オススメしたい一冊ですね。

2019/12/12

感想・レビューをもっと見る