読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

乙羽信子―どろんこ半世記 (人間の記録 (38))

乙羽信子―どろんこ半世記 (人間の記録 (38))

乙羽信子―どろんこ半世記 (人間の記録 (38))

作家
乙羽信子
江森陽弘
出版社
日本図書センター
発売日
1997-06-25
ISBN
9784820542797
amazonで購入する

ジャンル

乙羽信子―どろんこ半世記 (人間の記録 (38)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

amana917

「乙羽信子」の名を私が知ったのはおしんを見たときだった。1991年生まれなので動画で一気に見たときだ。見たとき、田中おしんの健気で芯の強い印象が強く乙羽おしんはどこかいいとこの出来る老主人、頭は硬いという印象が強かった。でも気になって、次に若い頃の「原爆の子」を見た。素直に良い作品だと思った。 この本には乙羽信子の半生が描かれていた。ビックリした。あんな可憐なお嬢さんはこういう感じで生きてきたんだと。それと、戦前、戦中、戦後の姿も見えた。 感想は一杯あるが、何となく乙羽おしんが何故ああいう演技なのかわかっ

2014/07/21

感想・レビューをもっと見る