読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

不浄を拭うひと(1) (ぶんか社コミックス)

不浄を拭うひと(1) (ぶんか社コミックス)

不浄を拭うひと(1) (ぶんか社コミックス)

作家
沖田×華
出版社
ぶんか社
発売日
2019-11-14
ISBN
9784821138708
amazonで購入する Kindle版を購入する

「不浄を拭うひと(1) (ぶんか社コミックス)」の関連記事

【ステイホーム週間】快適なおうちづくりに挑戦する? お掃除やる気アップマンガ8選

新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛が続く中、ダ・ヴィンチニュースがおすすめする「おうち時間充実!」のための読書・エンタメをお届けします。STAY HOME週間も本・エンタメで楽しく充実させましょう! 《以下の記事は(2019年12月)の再配信記事です。掲載している情報は2019年12月時点のものとなります》

 外出自粛で家にいる時間が長くなると、今まで見ないふりをしてきた家の状態から、ついに目をそむけられなくなった方も多いのでは? 本稿では、そんな方でも、読めばやる気がみなぎるお掃除マンガをご紹介いたします。

この記事の目次 ・『「ちゃんとしなきゃ!」をやめたら 二度と散らからない部屋になりました』 ・『わたしのウチには、なんにもない。「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります』 ・『汚部屋掃除人が語る命が危ない部屋』 ・『不浄を拭うひと』 ・『母を片づけたい 汚屋敷で育った私の自分育て直し』 ・『家族が片づけられない』 ・『汚物は消毒です』 ・『クイーンズ・クオリティ』

■大ざっぱな性格でも継続しやすい「片付けテクニック」

『「ちゃんとしなきゃ…

2020/4/28

全文を読む

大掃除・片付けのやる気をアップしてくれるお掃除マンガ8選

 新年を迎える前に立ちはだかるのが「大掃除」という大きな壁。今年の汚れは今年の内に落としておきたいものですが、なかなか腰が上がらない方も多いはず。本稿では、そんな憂鬱を吹き飛ばすべく、やる気がみなぎる大掃除マンガをご紹介いたします。

この記事の目次 ・『「ちゃんとしなきゃ!」をやめたら 二度と散らからない部屋になりました』 ・『わたしのウチには、なんにもない。「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります』 ・『汚部屋掃除人が語る命が危ない部屋』 ・『不浄を拭うひと』 ・『母を片づけたい 汚屋敷で育った私の自分育て直し』 ・『家族が片づけられない』 ・『汚物は消毒です』 ・『クイーンズ・クオリティ』

■大ざっぱな性格でも継続しやすい「片付けテクニック」

『「ちゃんとしなきゃ!」をやめたら 二度と散らからない部屋になりました』(なぎまゆ/KADOKAWA)

 汚部屋を卒業したいけれど、大ざっぱな性格だから片付けは無理…と諦めている方は意外に多いのでは? しかし、『「ちゃんとしなきゃ!」をやめたら 二度と散らからない部屋になりました』(なぎまゆ/KADOKA…

2019/12/20

全文を読む

関連記事をもっと見る

不浄を拭うひと(1) (ぶんか社コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Bugsy Malone

嫁さんが買ったマンガをお先きに読ませて貰いました。特殊清掃を生業とする主人公、特殊清掃とは何ぞやと思いますが、大まかに言うと亡くなられた方や夜逃げした方、はたまたゴミ屋敷など臭いの付き纏うお家のあと片付けでございます。一度アルバイトで夜逃げ後の部屋の片付けを手伝いに行ったことが有りますが、臭いと埃にめげてしまいました。それを思うと身体だった物の一部が残っていたり、排泄物が残っていたり、大変なお仕事だと尊敬してしまいます。怖い話や気持ちの悪い話し、そして何ともじーんと来てしまうお話し、大変面白かったです。

2020/11/14

グレ

ドロドロに腐れ果てた人の頭から毛髪が頭皮ごと剥落した「カツラ」や、同様に「手袋」、稀に眼球が落ちている凄絶な特殊清掃現場では、これら腐敗死体とウ●コグロには嫌でも耐性がつくのだが、予想外の蟲グロに襲われて腰を抜かすのがゴミ屋敷現場。30㌢もあるイモムシってなんだよ!?? リスカ娘、うっかり深く切りすぎて失血死。睡眠薬で朦朧として119通報すら出来ず、「自殺未遂に失敗したか」って、なんたるブラックな死因…。そんな究極の3K仕事だが、特殊清掃をやっていたからこそ立ち会えた感動の実話が最終第⑪話。構成上手やな〜

2021/05/13

Vakira

ウヒャーなんだこれ?特殊清掃の仕事って・・・孤独死を迎えたひとの生活の跡を消す仕事。遺品整理、ゴミ屋敷の清掃などなど。初期の大江健三郎さんがバイトネタに描きそうな仕事。電子書籍でチョイ読みしたのがいけなかった。最後まで読みたくなり本買ってしまった。孤独死は自殺を含め、いろんなケースが存在する事を知る。ペットなんかいたら大変だ。ご主人様と一緒に餓死?いやいや・・・考えたくない。どんな仕事に就こうとも霊感はない方がいいと思います。

2022/01/03

ネギっ子gen

山田正人、霊感体質の39歳。1児の父。彼が脱サラして始めたのは、孤独死などの変死体があった屋内外の原状回復をサポートする「特殊清掃」の仕事。彼は、様々な状態で死を迎えた人々の「生活の跡」を消しながら、故人の生前の暮らしに思いを馳せる――。<泥酔したまま風呂に入って溺れてしまった>というケース。これって、身に覚えがあるから、辛い……。出張先のホテルなどで、普段我慢している酒を、思う存分飲んだ挙句、それでも、自分は酔っていないという自己暗示の下、必ず深夜に風呂に入った。よく溺死しなかった、と今更ながら……。⇒

2021/10/14

にゃんた

遺品整理、ゴミ屋敷の清掃、何よりも大変な亡くなった人の部屋を現状復帰させる特殊清掃、仕事として携わるにはなんと大変なことだろうか。その部屋の持ち主である人の人生、いろいろな思いを抱きつつそこを清掃していく主人公の人生や想い、いろいろ考えさせられた。重いテーマだからこそまずは読むことが大事かな。

2020/03/19

感想・レビューをもっと見る