読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

学校では教えてくれない「セクマイ」の話

学校では教えてくれない「セクマイ」の話

学校では教えてくれない「セクマイ」の話

作家
新井祥
出版社
ぶんか社
発売日
2018-05-10
ISBN
9784821144808
amazonで購入する Kindle版を購入する

「学校では教えてくれない「セクマイ」の話」のおすすめレビュー

だって教えてくれなかったじゃん!! 誰にも相談できなかった「セクマイ(性的少数者)」の悩み

『学校では教えてくれない「セクマイ」の話』(新井祥/ぶんか社)

 評論家の勝間和代氏が同性愛を告白し話題になったが、漫画やアニメなどでは珍しくもなく、私はさして気にも留めなかった。しかし、フィクション作品で知った気になっているのは気がかりでもあるため、全国の「セクマイ」から寄せられた相談や自身の体験談を描いたコミックエッセイ、『学校では教えてくれない「セクマイ」の話』(新井祥/ぶんか社)を読んでみた。

 表題の「セクマイ」とは、セクシャルマイノリティ(性的少数者)の略称である。最近では、性の自認の不一致や同性愛者を指す用語としてLGBTが認知されるようになってきているものの、性同一性障害と性的指向を一緒にすることに疑問を持つ声や、性別が非定型なインターセックス(性分化疾患)も加えるべきといった意見が入り乱れており、「セクマイ」というゆるやかな括りの方が私にはシックリくるように思えた。

 作者自身は30歳まで女性として暮らしてきて、染色体検査によりインターセックスと判明し、縮胸手術を受けたそうだ。そんな作者の「心の分類」はといえば「Xジェンダー(男でも…

2018/6/25

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

学校では教えてくれない「セクマイ」の話 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Moca

こういった性に対する悩みを抱えている人にとってはこの本書を読むのにお勧めします。 また、最近ではLGBTの運動が増えてきている。 ゲイやレズやバイなどといった異性愛者以外の人達の気持ちを理解をし、性差別のない社会を作っていきたいと思います。

2020/10/28

Moca

LGBTや性についてのコンプレックスといった問題を解決する面白いマンガ。 図書館で読了しました。 学校にはそういった性に関することを教えてくれないので、LGBTや性に関するコンプレックスを抱いている方等の問題を悩んでいる方々がいます。 私にとってはLGBTは今のところありませんが、ちょっとした性に関してのコンプレックスを抱いています。 時々、男が良いと思ったりします。 これはよくある生理現象で、性ホルモンが多かったり、少なかったりします。

kenitirokikuti

「性別が、ない!」シリーズ最新巻/タイの「ガトゥーイ」。女の格好をしている男性のこと(「男声の女性」という表現の方が合う感じ)。タイ女性は小柄で童顔なため、タイ男性によるモデル的な女装が映えるという事情もあるようだ。ガトゥーイの小学校教諭に取材している。ガトゥーイの先生については生徒も違和感ないそうだ。ただ、反対のMtoFは少なく「テレビでしか見たことない」▲相談コーナー。「乳房への違和感」。男性でも自身の濃い体毛(ヒゲを含む)を好まない人は多いと思われるが、乳房をジャマに感じる女性もいる。

2018/09/01

おかーきゃん

[アンリミ]読むとイライライラするのにまた読んでしまった。「性別がない」は揃えたし面白かったけど、もうこうくんと先生の日常はつまらない・・・。

2019/01/06

たっきん

Kindle unlimitedにて。

2019/09/11

感想・レビューをもっと見る