読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ドン引きナース!

ドン引きナース!

ドン引きナース!

作家
沖田×華
出版社
ぶんか社
発売日
2020-04-10
ISBN
9784821145522
amazonで購入する

「ドン引きナース!」のおすすめレビュー

看護師時代にやらかしました! 発達障害を公言している漫画家が赤裸々に語る病院ノンフィクション

『ドン引きナース!』(沖田×華/ぶんか社)

 10年ほど前に私が肺炎で入院したときに担当についた新人の看護師が、絵に描いたようなドジっ子ナースだった。私との挨拶の際も、下げた頭を点滴袋にぶつけ、慌てて起こした体が戸棚に当たりドンガラガッシャン。採血の際には止血ガーゼの用意を忘れ、私の腕に針を刺したまま両手を離せなくなり、ナースコールを押すよう頼まれた。このコロナ騒動のさなか、あのナースも頑張っているのだろうか、それとも転職しているかなと懐かしんでいたら、たまたま見つけた『ドン引きナース!』(沖田×華/ぶんか社)というタイトルに目を引かれ、思わず手に取った。

 作者は発達障害を公言し自虐ネタを描いている“モロ出し漫画家”で、イベントでは豊胸手術を受けた胸もモロ出しにした模様(ちなみにその豊胸手術を受けたときのエピソードも本書には描かれている)。そんな作者が18から22歳までの4年ほど看護師をしていた体験談から読者がドン引きするエピソードを選りすぐって紹介しており、その内容たるや、白衣の天使のイメージを一欠片さえも感じさせない清々しさが素晴らしい。

子供が…

2020/5/12

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「ドン引きナース!」の関連記事

「おっぱいマッサージしてくれる?」豊胸手術したことを知らない彼氏に頼んだら…/ドン引きナース!⑤

「発達障害漫画家」を公言する『透明なゆりかご』『不浄を拭うひと』の沖田×華が、看護師時代の実体験をセキララに描く! 北國新聞社『月刊 北國アクタス』に連載された作品を単行本化したコミックエッセイ。

続きは本書でお楽しみください。

2020/6/10

全文を読む

AからDカップに! 私が経験した豊胸手術の方法/ドン引きナース!④

「発達障害漫画家」を公言する『透明なゆりかご』『不浄を拭うひと』の沖田×華が、看護師時代の実体験をセキララに描く! 北國新聞社『月刊 北國アクタス』に連載された作品を単行本化したコミックエッセイ。

<第5回に続く>

2020/6/9

全文を読む

関連記事をもっと見る

ドン引きナース! / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

るる

筆者が、LDとADHD持ちながら看護師として働くより大変な看護学校を卒業出来たところが凄いなと思いました。他のも、読みたくなりました😃🎵

2020/07/04

高宮朱雀

ナース時代の著者の思い出回顧録。 病院内外での自身の経験だけでなく、医療行為に関係ない家族や知人、友人の話題が面白おかしく描かれている。時々痛々しくて、口の中が酸っぱくなる描写もありましたが…。 いわゆる発達障害というものを持っている人らしいが、特性がイマイチ理解出来ない為、現場でどのように困っていたのかが窺い知れるエピソードが欲しかったかな。それとも別の著書に描かれているのかな?

2020/07/25

ももかおるん

おもわず「うぎゃー!」と叫んで!?しまったり、「ぷぷっつ」とふきだしたりしました。

2021/01/11

感想・レビューをもっと見る