読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか

レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか

レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか

作家
ヴォルフガング・ヒュアヴェーガー
楠木建
長谷川圭
出版社
日経BP
発売日
2013-10-24
ISBN
9784822249847
amazonで購入する Kindle版を購入する

レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

川越読書旅団

恐るべしレッドブル!!

2017/03/12

thinking_sketch_book

★★☆☆☆ この本は会社版レッドブルスパイです。F1のレッドブルスパイと同じでそれらしいけど、本当に重要な事が分かりません。驚いたのは週刊誌程度の内容ばかり。社長のマテシッツがリポビタンDを売っている大正製薬社長が高額納税者上位である事を知り、ソニーやホンダ社長よりも金持ちになれると思った事。そしてエナジードリンクを色々試して研究したあげく、タイのエナジードリンクを改良して売った事。ほとんど秘密主義で、社員の口が堅い事。自分の好きな事を中心にうまくドリンクイメージと結びつけてマーケティングしている事でした

2013/12/23

ワダマコト

レッドブルは、リポビタンDがきっかけで誕生したというキャッチーな帯。レッドブルを生産している企業についての情報は全くと言っていいほど聞こえてこないなかでの本書の出版である。しかし、蓋を開けてみれSimple is bestといった経営方針である。商品がブランドを創り、マーケティングによってイメージを定着させる。その一環としてスポーツへの出資があり、結果として、レッドブルにまたも関心がよせられる。上手いもんだなぁなんて思っていたが、楠木さんの解説によるとこれは王道中の王道らしい。ただし、スポーツは簡単にまね

2013/10/29

魚京童!

新しい世界を作り続けているから。

2019/07/14

ポール

正直、けっこう読むのは大変でした。目次の項目から見えるものが少しずれていたのが多かったからかもしれません。 「手段は目的」ということは頭に入ってきました。

2016/10/21

感想・レビューをもっと見る