読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

天才の証明

天才の証明

天才の証明

作家
中田敦彦
出版社
日経BP
発売日
2017-11-02
ISBN
9784822259211
amazonで購入する

「天才の証明」の関連記事

今いる場所に違和感を覚えたら、自分を変えずに環境やルールを変えること。オリラジ中田敦彦が提示する“才能の見つけ方”とは?

音楽ユニットRADIO FISHによる「PERFECT HUMAN」をヒットに導いたオリエンタルラジオの中田敦彦さんは、デビュー当時にもリズムネタ「武勇伝」でブレイクしていた。傍から見ればシンプルな流れだと思うかもしれない。しかし、本人がその答えを導き出すまでにかかった期間は10年。その裏には、このヒットが必然だったことがわかる戦略と選択があった。中田さんの著書『天才の証明』(日経BP社)を読む前に知っておきたいのは、この本には誰もが真似できる中田さん流の「才能の見つけ方」が書かれていること。「自分を変えなくていい、環境やルールを変えるだけでいい」と語るその理由を聞いた。

<プロフィール> 中田敦彦(なかたあつひこ) 1982年生まれ。慶應義塾大学在学中に藤森慎吾とオリジナルラジオを結成し、2004年にNSC(吉本総合芸能学院)へ。同年、NSC在学中にリズムネタ「武勇伝」でM-1グランプリ準決勝に進出するという新人芸人として異例の成功を遂げ、「エンタの神様」などでブレイク。2016年より音楽ユニット・RADIO FISHの司令塔となり、「PE…

2017/12/23

全文を読む

関連記事をもっと見る

天才の証明 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

徒花

いわゆるタレント本だけど、思ったよりもおもしろかった。自己啓発的なメッセージに奇抜姓はないが、きちんと自分の経験と分析に基づいた内容で、納得感はある。一冊で30収められているトピックスも、ほどよいボリュームで読みやすい。あと個人的には、相方である藤森さんを著者が冷静な視点からどのように分析しているのかという点がよかった。すごく単純に表現すると「いい意味でも悪い意味でもビジョンがなく、適応能力が高い」とういもの。みもふたもないし、本人に会ったこともないが、なんかうなずける。

2017/12/19

sea&pink(しーぴん)

職場の寄贈本。タイトルからして、中田が自分がいかに天才であるかの証明本のようですが、実際そうですが(^^; 「一つの物差しにとらわれずに自分の才能に気づかせる後押しをしたい」ということのようです。お笑いで言えば漫才で評価されることが全てではないというように。武勇伝やPERFECT HUMANが非常に緻密な分析の上で成功したということ、人材の適材適所という概念が印象的。藤森の「薄っぺらい、ビジョンがない」ことが長所ということになるほどなあと。これから人生を始める人にとっては参考になるのではないでしょうか。

2018/05/14

あっか

武勇伝で一世を風靡した後不遇の時代を過ごしPERFECT HUMANに辿り着くまで、どんな分析と計算、学びがあったかが全て綴られている本。あっちゃんだからこそ語れる自己啓発書のような内容も凄く腑に落ちましたが、あっちゃん論とも言える分析が読み物として楽しいです!西野亮廣さんとはまた違ったお笑い論というか(でも言っていることは共通している気も)。あっちゃんのプレゼンや授業は本当に面白いもんねー。なかなか結果が出せない人の背中を押してくれるような一冊。

2018/03/25

がねーしゃ

自らの経験を基に皆が天才だ!を証明するわけだが、ほぼ彼がどう考えどう行動したかが占めているので、彼に多少なり反感をお持ちの方にはお薦めしません。例えばインスタの「今日の妻も可愛い」で妻の写真をあげるのも"愛してることを素直に表現したら"をきっと計算してやってる。これをムカつくと感じるなら、ずっと自分の分析力、プレゼン力等の自慢が続くので辛いでしょう。彼が言いたいのは自分の能力は使い方次第という事かな。しくじり先生や俺の持論の授業は最高。同時に古坂大魔王の頭脳明晰かつ分析力+ふざける力ももっと評価されるべき

2018/07/20

mintia

「俺の持論」をテレビで見て気になっていた本です。あっちゃんの分析力が凄かった。タルイカの話が良かった。

2019/03/04

感想・レビューをもっと見る