読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

地方消滅と東京老化 日本を再生する8つの提言

地方消滅と東京老化 日本を再生する8つの提言

地方消滅と東京老化 日本を再生する8つの提言

作家
増田寛也
河合雅司
出版社
ビジネス社
発売日
2015-06-19
ISBN
9784828418247
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

896の自治体が消滅するとした衝撃のベストセラー「地方消滅」(中公新書)。だが地方消滅の裏側では超高齢化による「東京老化」が加速する。地方の実情を知り尽くす増田寛也と、少子高齢問題の第一人者の河合雅司が強力タッグ!地方消滅の危機に備え、あるいは打ち勝つための具体策を提言する!

地方消滅と東京老化 日本を再生する8つの提言 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

壱萬縁冊

限界集落が限界団地でも限界を見出せるように、東京こそ集落に学ぶべきだと思われる。人口の4割が65歳以上になる2060年(19頁)。私は死んでいるのでわからないが、放射能でどこまで今の長寿を維持できるのか? 甚だ疑問。増田教授:真に深刻なのは、空き家が増えて大変なことになるというところで思考停止していること(29頁)。一歩踏み込む勇気を。河合氏:われわれは社会が縮むことを前提として、今後の社会を考えなければならないところまで追い込まれている(39頁)という。

2015/08/26

メタボン

☆☆☆★ 「東京都の距離が逆に武器(ITの活用、リスク分散)」「世界的ローカルブランド(鯖江や燕三条の技術力、集積)」「世界オンリーワンの街づくり」「都会にはない暮らしやすさの発信」「県内二地域居住でにぎわい維持」「発想の大転換・スーパー広域連合」「アクティブシニアが活躍CCRC(コンティニューイング・ケア・リタイアメント・コミュニティ)構想」「第三子以降に多額の現金給付」という8つの提言。加速する少子高齢化に直面している日本に猶予はない。

2015/11/09

ロマンチッカーnao

地方消滅という言葉を聞くけれど、実際に、人口減少で統廃合で消えた地域は多い。しかし、それが大都市に影響を与える。と、いうろころまでこの本はしっかりと踏み込み、今後の東京を描いている。地方は消滅し、東京は老化する。日本自体が消滅する危機すらある。そのまでを踏まえた内容です。興味深く拝読しました。しかし、後半部分の具体的提案は、はっきり言って全然だめでした。会社の運動会や社員旅行がなくなって、若者の出会いの場が減ったとか・・(;´・ω・)正直唖然としました。。

2015/09/06

まゆまゆ

地方から東京に来て稼ぐという20世紀型のモデルはもう終わりにする必要がある。地方の人口減少を緩めるためには若者に住み続けてもらうこと。個性ある地域を目指せ、と。……しかし消費社会に慣れた現代人にとってそれを実現するのは難しそうである。高齢化するのは100%なんだから対策はすべきなのは分かるんだけど。少子化対策も結局はカネ頼みになるんだよねぇ…

2015/10/06

Kenji Ogawa

あるファンドの社長と夕飯を食べた時、地方は暗いという話を聞いていたが、この本ではかなり深刻だ。地方消滅が東京崩壊を招き、日本沈没になるという。書いている提言も現実的なものはない。

2015/09/04

感想・レビューをもっと見る