読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新装版 世界とびある記

新装版 世界とびある記

新装版 世界とびある記

作家
兼高かおる
出版社
ビジネス社
発売日
2019-03-01
ISBN
9784828420851
amazonで購入する

新装版 世界とびある記 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

chatnoir

世界は素敵な事に溢れていると教えてくれたのは兼高さんだった。昔は海外の映像は溢れていなかった。見城さんが出てきたのすら、その20年も後だと思う。兼高さんは本当に最先端の女性だった。まだ敗戦の記憶も強く、親の世代ではアメリカなんて大嫌いだろうに、娘を留学に出す懐の大きさには本当に驚く。エッセイは60年以上も前のものだけど、これからアジアが重要になると流石の先見の明も見せていた。頭の良い人だとつくづく思う。チャーミングだったし、言葉の使い方も独特で、ノスタルジック。楽しく、色々考えさせられるエッセイだった。

2019/06/04

hitotak

今から60年程前の、アメリカ留学時代とその後の東南アジア紀行文。まだ戦争の記憶が鮮明なアジア諸国で日本の評判を気にする記述が繰り返し書かれていて、緊張感と覚悟を持って旅をしていたことがわかる。この旅の後にあのTV番組が始まり、映像ジャーナリズムの人になったこともあって兼高氏の著作は少ないが、観察眼に優れ、当時の空気が伝わってきた。私生活を明かさず、自分の事を話すことはなかったと後輩にあたる黒柳徹子が語っていたが、美女で生涯独身、戦後の貧しい時代から世界を旅し続けた兼高氏の評伝、誰か書いてくれないかなあ。

2019/03/31

amdd

先日亡くなってから兼高かおるさんという人を知って、興味がわいて、本を借りてみた。とても綺麗な人である。彼女が世界を旅していた頃、日本人はまだ自由に海外に出かけられなかったそうだ。取材スタッフは彼女を含めて3人で、世界の著名人ともたくさん会ったという。彼女、アメリカ嫌いだったことも公言しており、ずいぶんとズバズバ物を言う。とにかく世界各国を旅していて羨ましかった。独特な感性による旅エッセイ、楽しんで読めた。

2021/08/04

にゃーごん

最近、著者に影響を受けたという人の話を立て続けに聞いて気になって手に取った。彼女の番組は観たことないが、なるほど好奇心に溢れたとてもチャーミングな人で、現地の人とも積極的に仲良くなっててすごい。本書は1959年に書かれた旅行記で、戦後のアメリカや台湾、タイ、フィリピン、返還前のマカオや香港などの姿が生き生きと描いているほか、日本人との歴史的関わりを基にした独自の分析が面白い。この兼高節でぜひ他の国の紀行も読んでみたい。台湾へ向かうフライト中にコックピットに入れてもらった話が今ならあり得なさすぎて羨ましい!

2022/11/27

多津子

1959年10月に刊行されたエッセイ集の新装版だそうだ。まだ戦争の記憶も濃い時代の、急激に変わって行く東京からアメリカに留学していくところから始まる。当時の空気感や人々の様子が生き生きと描かれており、作者の溌剌とした姿が気持ちいい。チャーミングという言葉が似あう人だな。

2020/10/28

感想・レビューをもっと見る