読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

医療現場は地獄の戦場だった

医療現場は地獄の戦場だった

医療現場は地獄の戦場だった

作家
井上理津子
大内啓
出版社
ビジネス社
発売日
2020-11-21
ISBN
9784828422374
amazonで購入する Kindle版を購入する

医療現場は地獄の戦場だった / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

ハーバード大学医学部准教授で救急・内科専門医の著者が2020年3月から「研究は一切ストップし、100%臨床に入れ、これまでの倍働け」と言われ直面した救急の現場のリポート。世界で感染者・死者数ともに世界一のアメリカはなぜそうなったのか、日本の医療との最大の違いが医療保険制度であり、死者の約27%が人口の約13%の黒人であることに象徴されている。救急現場で見た新型コロナ感染の特徴は、自覚症状がない人の急激な悪化と酸素飽和度が上がりにくいこと。リビング・ウィルや遺族の思いまで米国の今の医療を知ることができる。

2021/04/18

パトラッシュ

アメリカの救急医療についてはドラマ『ER』を見ていたが、1日数万人のコロナ感染者が出ている状況に現場の医師がどう対応しているのか報道はほとんどなかった。東部有数の大都市で救急医を務める著者の証言は、感染者が一度に押し寄せた病院で医者たちが倒れる寸前まで治療にあたっている姿を生々しく描き出す。これに比べればテレビで時折報道される日本の病院の有様は牧歌的なほどで、もし同じ有様になっていたら国家的パニックに陥っていたかも。ボストンの現実に比べれば、日本では医療崩壊寸前などという言葉は使わない方がマシではないか。

2021/04/11

読特

【米国の医師として】息を吹きかけわざと感染を移そうとする患者。お金のかかる薬を処方できない貧困層。重病をかかえて渡ってくる不法移民。iPadの録音で家族へ届ける終末期患者のメッセージ。利子も含めて3000万円にも上る学資ローン。【南アでの医療体験】夜に外出すれば命の補償はない。2日間歩いて診察に来る患者。家族との絆を絶たれた上エイズになる子供。ひったくりに腕ごと切られて盗まれたカバン。・・生きることと死ぬことと、肌に感じる毎日。過酷の中にやりがいを見出す。高い志を持つもののみが目指すべき仕事。

2021/05/05

じゅんこ

年末に購入して、そのままになっていた。読み始めたら、一気に読了。アメリカの医療現場のリアルが描かれていた。今、読んでおくべきと感じた。日本とアメリカの医療の違い、コロナの脅威が正直に語られていた。作者の経歴も興味深く、若い人に読んでもらいたいたと感じ、息子に勧めてみようと思う。

2021/04/11

ひたすらに怖い 春先の恐怖感を思い出させてくれる本 広げないようにしながら経済も動かすってむむむむ 

2020/12/20

感想・レビューをもっと見る