読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

くらべてわかる! キリスト教 イスラーム入門

くらべてわかる! キリスト教 イスラーム入門

くらべてわかる! キリスト教 イスラーム入門

作家
齋藤孝
出版社
ビジネス社
発売日
2021-06-03
ISBN
9784828422893
amazonで購入する Kindle版を購入する

くらべてわかる! キリスト教 イスラーム入門 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

カレー好き

宗教はアイデンティティをつくる。ユダヤ教徒はなぜ世界に大きな影響力を持つのか。プラットホームとしての旧約聖書。パレスチナ問題は宗教戦争ではなく政治の争い。日本人の曖昧さには合わないのか、根付いていないから曖昧なのか。⭐︎3つ

2021/07/23

真琴

日本人に馴染みのないイスラーム教。キリスト教に次に信者の占める宗教とのこと。欲望・不安というものを宗教に求め、アイディンティともなる。

2021/08/15

とある内科医

図書館より。 齋藤先生による宗教本で、もちろん圧倒的にわかりやすいのだけど、ここはさっと通り過ぎて他の本と読み合わせよう。

2021/08/28

Go Extreme

キリスト教はなぜ世界宗教になれたのか:ユダヤ教・キリスト教・イスラームの神の正体 神が私たちを選んだ プラットフォーム・旧約聖書 カノッサの屈辱 ユダヤ教徒・大きな影響力 宗教改革と現代日本:ルターの目覚め イエスの言葉に耳を澄ます カルヴァンの禁欲主義・資本主義の精神 ツァラトゥストラ=ゾロアスター・ニーチェの思い イスラームの価値を守る人々 イスラームはどこへ向かうのか 人間はなぜ宗教を求めるのか:今、歴史の逆流が起きている スーパーエゴとしての宗教 アニミズムがもたらした豊かさ 宗教+物語=近代国家

2021/06/28

ゆーちゃん

あまり触れたことの無いタイプの本でした。 キリスト教とイスラームの関係を、どちらかと言えばイスラーム目線で書いていたのが新鮮だった。

2021/06/12

感想・レビューをもっと見る