読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アポリネール傑作短篇集 (福武文庫―海外文学シリーズ)

アポリネール傑作短篇集 (福武文庫―海外文学シリーズ)

アポリネール傑作短篇集 (福武文庫―海外文学シリーズ)

作家
ギヨーム・アポリネール
窪田般彌
出版社
福武書店
発売日
1987-01-01
ISBN
9784828830421
amazonで購入する

アポリネール傑作短篇集 (福武文庫―海外文学シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

新地学@児童書病発動中

詩人として有名なアポリネールの幻想的な短編集。つまらないと思う作品はなくて、ユニークな発想ときらびやかな文体に惹きつけられた。「ケ・ヴロ・ヴェ?」は19歳の時に書いたとは思えない完成度の高さ。放浪のギター弾きが旅の途中に出会う人々を描いている。詩情と残酷さと哀愁が絶妙に混じりあった味わい深い短編。短い作品では「おしゃべりな回想」が良かった。下宿屋の一室でいろいろな人物と話をしている男の正体は……?意表をついた結末が心に残る作品。同時に孤独な人間の姿を浮かび上がらせる内容に心を打たれた。

2018/05/27

rinakko

大好きです。異端と残酷美とを愛で尽くせるように、隅々まで堪能した一冊。「月の王」が読めて嬉しい…。他にとりわけ好きだったのは「ケ・ヴロ・ヴェ?」や「贋救世主アンフィオン」、短いものでは「詩人のナプキン」や「アムステルダムの船員」…など。

2011/08/01

龍國竣/リュウゴク

短い作品が二十三篇収録されている。「異端教祖株式会社」「虐殺された詩人」に加え後期の作も。キリスト教への信仰、中には冒涜もあるが、とユダヤ人への興味が窺える。狂王ルートヴィヒも登場する。特異な発想による、異端で時に淫らな幻想の世界を詩情豊かに綴る。

2013/03/02

723

月の王目当てに読んだ。へんなものがいろいろ出てきておもしろい。最後に飛んでいってしまうというのも幻想的ですてき。他に「ケ・ヴロ・ヴェ?」なんかも面白かった。アポリネールは詩しか読んだことがなかったので新たな発見でした。

2012/11/10

Y-20

2007/02/28

感想・レビューをもっと見る