読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

風の大陸〈第3部〉風雲の都市 (富士見ファンタジア文庫)

風の大陸〈第3部〉風雲の都市 (富士見ファンタジア文庫)

風の大陸〈第3部〉風雲の都市 (富士見ファンタジア文庫)

作家
竹河聖
いのまたむつみ
出版社
富士見書房
発売日
0000-00-00
ISBN
9784829123294
amazonで購入する Kindle版を購入する

風の大陸〈第3部〉風雲の都市 (富士見ファンタジア文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

エンブレムT

ド派手な展開をしながら物語が大きく動き出す巻。でもサラサラと流れて行くような、どこかアッサリした読後感です。キャラクターに感情移入するというより、歴史の1ページを覗き込むような面白さと言えるかも・・・。今まで激しい感情を知らず生きてきた浮世離れしたティーエが、「怒りと笑顔を手に入れる」という変化もあったので、今後は印象が変わってくるのかな。西洋古代史を学んだ作者が「歴史を作るのは人間」だと、あとがきでアツク語ってるので、なおさら今後への期待が高まります。

2010/07/18

文庫フリーク@灯れ松明の火

ティーエと同じ顔を持つアドリエ王イルアデル。王の腹心・大臣グラウル暦博士。さてこの物語はどこへ向かうのか。まだ感情移入できるところまて行かないが、読みやすい。集中して読めれば1冊1時間前後か。―ここから私信―珂音さん、確かにグインほどの世界は望めないけど(それは無理というもの)これはこれで楽しめますね〜。黒髪のリンダ=ラクシのフルネーム=イタール・クラレス・アルン・アーダ(笑)母方の部族名ラクシアルからラクシなんですね。最初フルネーム見たときは、どっからラクシになるんだ?と(笑)

2010/06/15

violetta(不定期出没)

再読。やっと本編が始まる。グラウルとかイルアデル王とかアドリエ編につながる人達がどんどん出てきて楽しくなる。魔術の描写が圧巻で素敵。神話の設定がしっかりしてるからかなぁ。大人になって久しぶりに読んでも、ついつい裏読みと計算をしてしまう私には、ティーエとラクシの無垢なところが変わらず眩しい。

2010/07/15

p.p.

やっと物語が動き出した。魔術師グラウルとアドリエ国王イルアデル。これからどうなるやら。ラクシはすっかりお荷物訳が定着してしまっているような。あんなに良いキャラなんだからもっと活躍させてあげればいいのに。城壁がなくなるとは穏やかではないな、と思ったら、自分で自分の予言実行するのか。何だこの肩すかし感。どうでもいいけど挿絵のイルアデルがあんまり美少年じゃない。イルアデルは何がしたいのだろう。今のところグラウルのいいなりにしか見えないが。

2010/11/24

朱音

物語が動き始め、主人公が成長するといった場面。感情が爆発すると周囲も巻き込まれる、というのは魔術や呪術なんかよりもある意味最強なんじゃないかと思うんだけど、このチカラ制御するの難しそうですよね。敵方に「闇の神」「闇の精霊」使いがでてきてちょっと敵も手ごわくなった感じ。主人公サイドが強すぎるものナンですし…

2010/07/20

感想・レビューをもっと見る