読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

風の大陸〈第15部〉奔流 (富士見ファンタジア文庫)

風の大陸〈第15部〉奔流 (富士見ファンタジア文庫)

風の大陸〈第15部〉奔流 (富士見ファンタジア文庫)

作家
竹河聖
いのまたむつみ
出版社
富士見書房
発売日
1997-10-01
ISBN
9784829127728
amazonで購入する Kindle版を購入する

風の大陸〈第15部〉奔流 (富士見ファンタジア文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

エンブレムT

2人組の傭兵が、真っ当な悪役振り(笑)を見せているのに驚いた。ここにきてヘタレなバリカイが活躍するのにも驚いた!あんなに仲間を大切にしていた彼が、まさかあんな行動にでるとは!!友を裏切り陥れ、亡き者にしてまで彼が手に入れたかったのは何だったのか?友の恋人でもあり、愛する女であるマンレイドの中に、憎しみという形でもいいから自分という存在を刻み付けたかったのだろうか?悪に染まって行くバリカイ。愚かな男ではあったけれど、彼の哀しみと狂気から目が逸らせませんでした・・・・ってくらいに暴走して欲しかったな~(笑)

2010/09/07

文庫フリーク@灯れ松明の火

蛇の眼・マレブが予想外にグッジョブ。こんなヘンタイに含め、悪役どもに、もっとどす黒くなれ〜暴挙に走れ〜理不尽の限りを尽くせ〜と声援と云うか、叱咤してしまうのは『風の大陸』以外になかろう。

2010/09/21

朱音

恋愛模様一時中断(笑)兄君がナリスさまっぽいと思っていたらハカリゴトだけでなく色仕掛け(違)までそっくりなのであった、という巻(大きく誤解)弟君がいじめられている以外は話が全然進んでいない!エネリオンはいったいどうなるんだ!というよりも恋愛モードの方に重点が置かれているようないないような…

2010/08/10

p.p.

カリスウェンの色仕掛けで八候もメロメロです。マレブさん変態ですなあ。頼れる男バリカイとヴァユラの自由戦士ターリス、暗殺教団のモリゼート大活躍。太陽帝国編の後も出てくればいいんだけど。クライマックスへ向けての布石がだんだんそろってきました。

2010/11/30

みとん

だんだん飽きてきました…。停滞しまくりですね。たぶん登場人物が多すぎなんですよ。ティーエとドラちゃん2人で会わせると益々話が進まなくなるね。2人も真逆に一般常識がないから。ページが20ページ多くてもジッダとか出てるだけで話は進まなかったと思うな。登場人物を1人1人出しすぎてて、一体誰が主人公なんだ!?という状態にもなっています。人数が多くて何人か忘れた人もいるし。目立ってたのはヘンタイさん?マレブが超ヘンタイ!っていうか、イラストに関してはマレブとバリカイの見分けがつかない。カリスウェンの色仕掛け作戦。

2011/03/17

感想・レビューをもっと見る