読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

風の大陸〈第18部〉十侯 (富士見ファンタジア文庫)

風の大陸〈第18部〉十侯 (富士見ファンタジア文庫)

風の大陸〈第18部〉十侯 (富士見ファンタジア文庫)

作家
竹河聖
いのまたむつみ
出版社
富士見書房
発売日
0000-00-00
ISBN
9784829129203
amazonで購入する Kindle版を購入する

風の大陸〈第18部〉十侯 (富士見ファンタジア文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

文庫フリーク@灯れ松明の火

悪役としても貧弱な三侯ラドニオはそっちも貧弱、貧弱、ひんじゃく〜!竹河さんは鉄板で期待する方向には進まない(今更だけど) 『ただ、バルテュスを抱いた。夜が明けるまで、抱いた』『自分は虫ケラだ』こ、これだけ?すでに様式美なのか。つくづく小学校高学年の頃巡り合いたかった。《寵愛者》ドラまで清浄無知な味方になってしまうのだろうか。これだけ酷評しても、なぜ次が気になるのだろう。不思議な物語。

2010/11/21

エンブレムT

直前に読んだ本が「スパイとはこうあるべし!」な作品だったので、つい引き摺られてこの作品でスパイ活動をしていた人物に対しても「死ぬな、殺すな、とらわれるな!じゃないのかーーー!?」と心で叫ぶ羽目に陥りました(笑)あと、黒き魔術師グラウルがカリスウェンに寄せる思いは、亡き弟を重ねてるんじゃなく愛でしょ愛!!とも叫んでいる。・・・絶版本に対してもアツイ自分にちょっと苦笑する今日この頃です。。。

2010/09/23

朱音

表紙絵どおりに、といった感じにラクシはますます「女の子」になってしまって物足りない。いいキャラを生み出しつつなんともあっさり消し去ってしまうのは作者の性格ですか?またしても「行間を読んで妄想で補完したまえ、腐女子諸君」とでもいうのでしょうか?(妄想しなくてもいいのですが)信仰というか意志の力ってすごいエネルギーになるよね、ってネタは既出な気がするのでそのあたりも…物語は進まないし…しくしく。

2010/08/26

p.p.

ようやっと方針が見えてきた。今まで何をまごついていたのやら。皇后陛下の、死バルテュスの死。カリスウェンには大きな負担だろう。またいつぞやのように倒れなければいいのだが。カリスウェンは男じゃないどころか人間ですらなくなるのね。時間がないとかいう割にのんびりしてますよね。こっちも待たされてじりじりしてるから、早く動いてほしいんだけどなあ。誤字多いなあ……。今巻に限ったことじゃないけど。

2010/12/04

emuuwaii

いよいよ三候と対決の方向へ。続きも楽しみ。

2017/03/24

感想・レビューをもっと見る