読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 変移空間のオクテット(2) (富士見ドラゴンブック)

STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐  変移空間のオクテット(2) (富士見ドラゴンブック)

STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 変移空間のオクテット(2) (富士見ドラゴンブック)

作家
明時士栄
huke
一葉 モカ
作:5pb.×ニトロプラス
出版社
富士見書房
発売日
2013-02-20
ISBN
9784829147115
amazonで購入する Kindle版を購入する

STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 変移空間のオクテット(2) (富士見ドラゴンブック) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

CCC

妄想設定具現化でラボメン能力者化。事態も能力者バトルの様相に。猫の使役に読心能力。妖刀五月雨の解放など何でもありである。しかしスターダストシェイクハンドにもっといい使いみちはなかったのだろうか……?

2018/07/24

Kemmel

[電子書籍] 岡部倫太郎の中二病設定が現実化した世界での"機関"との戦いを描いた2巻目。とりあえずルカ子かっけぇ~、っていう感じでしょうか(^^; 妄想現実化世界の物語なので、まぁ全般的なご都合主義も仕方が無いかな。オカリンが解説者を務めざるを得ない世界線というのは新しいかも。

2013/10/14

みぃみぃ

【やや好き】完結巻。2回目世界線移動後のこの巻はほぼオリジナル展開。オカリンの妄想設定が「現実になった世界」という設定。オカリン好みのスーパーハカーなダル、猫神の加護を得たフェイリス、清心斬魔流を会得したルカ子、インターポールの萌郁、星屑を掴んだまゆり、封印された右腕を持つオカリン…。この世界線でも変わらない立ち位置のクリスと鈴羽。特殊能力を持つラボメンたちと協力して「機関」と戦い、ナイトハルトを見つけ、IBN5100を取り戻し、再びシュタインズゲートに戻っていく。この世界線のダルとルカ子がお気に入り。

2013/06/07

ブナ太郎

いよいよ妄想に満ちた混沌の世界線も完結。ギガロマニアックスはやはり、チートすぎる能力である。妄想したものをリアルブートすることになんの制約もないことが恐ろしい。IBN5100と融合するとか、もう何がなんだかさっぱり解らないが、オカリンがギガロマニアックスじゃなくて本当に良かったと思う。カオスヘッドのほかのメンバーも出てくれば、もっと面白かったかな。これはこれで、あまりのばかっぷりに何度か笑わされたが。「ここで倒してしまっても構わないのニャ?」小ネタも所々散りばめられてます。ルカ子が最後放ったのは、どう考え

2013/03/02

柏葉

8bit時代のゲームを再現した同名のゲームのノベライズ。全2巻。1巻はなるほど昔のゲームだ、と感じさせはするが特に面白くはなかった。道行く動物からアイテムをもらったり、フラグが立ってない場合は特定の場所への入口が塞がれており入れなかったりするところが昔のゲームっぽい。 鈴羽が登場しラボメンvs組織の図になってからが面白い。やっぱりラボメンじゃなきゃ!妄想が現実になっていることを自覚してからのオカリンや鈴羽のツッコミも面白かった。清心斬魔流の使い手ルカ子さんw

2014/10/25

感想・レビューをもっと見る