読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

サムライ志願の奴隷エルフさん (美少女文庫)

サムライ志願の奴隷エルフさん (美少女文庫)

サムライ志願の奴隷エルフさん (美少女文庫)

作家
さかき いちろう
四季童子
出版社
フランス書院
発売日
2021-05-19
ISBN
9784829621394
amazonで購入する Kindle版を購入する

サムライ志願の奴隷エルフさん (美少女文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nishiyan

医学生で剣の腕に覚えがある兵馬が戦国時代に南蛮交易で日本に連れてこられた奴隷エルフのキルシと出会ったことから始まる伝奇もの。二人の縁は戦国時代、兵馬の先祖ヒョウエが彼女を助けたことまで遡る。家宝をかけた果し合いの結果、訪れた二人の爛れた日々。キルシは兵馬にヒョウエを重ねて乱れていく。生きることに淡白であったキルシが表情豊かになっていくのは面白い。兵馬の自宅を巡る問題にダークエルフが絡んでくるのもよかった。そしてエルフなどの異形の者が現代日本でどのような法体系で管理されるのか説明されているのも興味深かった。

2021/05/21

えすてい

戦国時代の南蛮貿易で日本に連れてこられた奴隷エルフのキルシ。現代日本を漂う中、探し求めてきた人の子孫の兵馬と出合う。祖父が莫大な借金を抱えたまま入院し、借金取りのヤクザに追われるものの、医学部に通う兵馬。キルシとの歴史を超えた伝奇Hである。クライマックスで兵馬はヤクザに捕まるものの、最後はハッピーエンド。ヤクザは逮捕される。キルシはおめでた。ヤクザがヤクザ社会の中でどうやって出世するのかにもさらりと触れられている。すなわち刑務所に入ることであるが、エルフ伝奇とヤクザを絡ませるのは珍しい構成だ。

2021/05/18

感想・レビューをもっと見る