読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

社畜と少女の1800日 13 (芳文社コミックス)

社畜と少女の1800日 13 (芳文社コミックス)

社畜と少女の1800日 13 (芳文社コミックス)

作家
板場広志
出版社
芳文社
発売日
2020-11-16
ISBN
9784832237803
amazonで購入する Kindle版を購入する

社畜と少女の1800日 13 (芳文社コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nishiyan

東根の病状を知り、自分の想いを伝えた優里。想いを受け入れ、1年後に再び一緒に暮らすことを約束した東根。未だ煮えきらないまま気持ちを抱えていたところに優里と卒業旅行を楽しむ彼女の同級生から思わぬ連絡を受ける最終巻。5年にわたる物語も完結。ひたむきでむき出しの愛を捧げる優里、世間体や常識の間に揺れる東根、そんな二人を見守り続けてきた桐谷。この三人が歩んできた道を考えると妥当なラストだろう。浅岡の男気はまた心地よく東根の背中を押すものになっているのが良い。新たな生活を始める優里と東根に幸あれと願う読後感でした。

2020/11/27

よよまんが

表紙の笑顔が眩しい

2020/12/16

感想・レビューをもっと見る