読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

オードリー・ヘップバーン 妖精の秘密

オードリー・ヘップバーン 妖精の秘密

オードリー・ヘップバーン 妖精の秘密

作家
ベルトラン メイエ=スタブレ
Bertrand Meyer‐Stabley
藤野邦夫
出版社
風媒社
発売日
2003-02
ISBN
9784833131353
amazonで購入する

オードリー・ヘップバーン 妖精の秘密 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ky

彼女のことをもっと知りたくて手にした伝記本。華やかな印象の陰に、戦時下の幼少時の困難で悲惨な生活、2度の破れた結婚、4度の流産という辛い体験。晩年のユニセフの活動は、戦争直後に受けた援助への感謝があった。誰もが認めるスーパースターなんだけれど、偉ぶらず、謙虚、控え目、慎ましく、ちょっと自身なさげ。映画では全然そうは見えなかったが、身長176cmだそうで。ジジ主演のためニューヨークへ渡る18日間の船中で食べ過ぎてダイエットしなければならなかったのはお茶目。

2015/02/11

Mana

幼少のころからとても丁寧にオードリーの歩みをたどって等身大に描かれている。登場人物が欠点のある悪人でない人物として描かれている。品良くまとまってる。オードリーの出た映画がたくさん載ってるけど知らないのがほとんどだった。映画の内容もしっかり扱ってくれてたのが嬉しい。

2011/05/14

感想・レビューをもっと見る