読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ボーダレス・ワールド

ボーダレス・ワールド

ボーダレス・ワールド

作家
大前研一
田口 統吾
出版社
プレジデント社
発売日
1990-11
ISBN
9784833413954
amazonで購入する Kindle版を購入する

ボーダレス・ワールド / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

DonaldTrump

世界トップクラスの論客相手に、対等以上に論をはれる、日本では数少ないハーバード級経営思想家である大前研一氏の、対世界向けに、英語で書かれた提案書。今読んでも十分読み応えがある。ライシュやドラッカー、フリードマン、トフラーの著書とあわせて読まれることを推薦します。

2012/01/15

Yuji Terazawa

【 2018年読書日記・その36 】 世界で初めて「ボーダーレス経済」の出現を提唱した(とされる)一冊。絶版なので(電子書籍では読める)古本で買ったのだが、何と1円(苦笑)。 …本の歴史的価値と価格は必ずしも一致しないという好例か。 「政策担当者は『ドルを安くすれば貿易競争力が高まる』と信じて」いるが、「ドルを強くしておくことが、最もアメリカの利益になる」(233頁)。ト○ンプよ、聞いてるか⁉

2018/09/06

感想・レビューをもっと見る