読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

哲学用語図鑑

哲学用語図鑑

哲学用語図鑑

作家
田中正人
斎藤哲也
出版社
プレジデント社
発売日
2015-02-26
ISBN
9784833421195
amazonで購入する

哲学用語図鑑 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

red falcon

ソクラテスから現代哲学まで、それぞれの考え方をイラストを駆使して分かりやすく解説しています。以前は読んでる本に「構造主義」とか「パラダイムシフト」というような言葉がでてくると、調べもせずにいつも読み飛ばしていました。しかし、この図鑑があれば大まかなことは理解できそうです。それとはべつに、通読して感じたことは、世界中の人々を永久に幸せにするような哲学がいまだにないということでした。ショーペン・ハウアーが言うように仏教で解脱するしか方法はないのでしょうか。

2018/05/20

zirou1984

この手の哲学ガイドとしては最良の出来。古代ギリシャから21世紀の思想まで、英米を含む西洋哲学の系譜を辿りながら主要な思想家とその概念を図説によってわかりやすくまとめてくれている。3頭身なイラストはゆるいながら各哲学者について知れば知るほどクスッとくる特徴を抑えてあり、概念の解説は図にするとこんなにも把握しやすくなるのかと驚くほど。恥ずかしながら普遍論争の意義については本書で初めて気付かされてしまった。副読本としてだけでなく適当にパラパラめくっても楽しめる、おじーちゃんにもおばーちゃんにも薦めたくなる一冊。

2015/05/27

kaori

以前哲学入門なる本を読み、その時はなるほどふむふむと思ったものだが、まぁものの見事に諸々忘れてしまっていて、事典ではなく図鑑なら易しいかも?と安易に手に取ったが大正解であった。古代から近現代の哲学者の人物解説とその思想を単純なイラストで図解。だからこそスッと頭に入ってくる。人はこんなにも人を、世界を、理解しようとしているのかと思うと面白くもあり頭が下がる思いだ。のほほんと生きててすみません(笑)。この先何度もお世話になりそうな予感。

2015/06/12

kiyoka

前に買ったPHP文庫『超訳 哲学用語事典』がまったく役に立たないので購入。時系列になっておりほとんどがイラストなのでわかりやすい。これを初めから読んでいくだけで哲学史の流れもなんとなくわかる仕組みになっている。ただ人名と語句の説明だけなのでやはり補足として使う方がいいと思う。先に読んだ『イラスト西洋哲学史』と合わせて読んだ。でもこっちはサンデルなど現代まで載っているので便利。『中国、日本、英米編』も欲しくなった。

2018/04/25

marmelo

幼い甥が某大手宅配業者の看板にある絵を黒い猫だと認識したとき、私には彼がなぜそれを別の動物、例えば犬と間違えなかったのか不思議だった。しかしプラトンのイデアによれば腑に落ちる。また華美な服装を好まぬ人が着けている質素な腕時計がその人に合っていて素敵だと思えるとき、私はソクラテスの言うアレテーをその時計に感じているのかもしれない。賢者の思考がこうして私の生活の些細な事象と繋がると喜びが湧く。哲学とは人が古くから天体、神、労働、言語等を頼りにそれら暗号を解き、分類、分析し、人間の未来を予測する営みのよう。

2017/07/03

感想・レビューをもっと見る