読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大前研一 世界の潮流2019〜20

大前研一 世界の潮流2019〜20

大前研一 世界の潮流2019〜20

作家
大前研一
出版社
プレジデント社
発売日
2019-04-30
ISBN
9784833423199
amazonで購入する Kindle版を購入する

大前研一 世界の潮流2019〜20 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

タナカ電子出版

この本は大前研一さんの世界の認識、未来への提言がなされた大前節よろしく😉な本に仕上がっています📚❗6章構成でそこそこ読みやすかったです✨特に第3章 世界を掻き回すトランプ問題は面白かったです🎵著者のトランプツッコミは漫才のネタですか⁉️最終的には6章で日本を道州制にすべきと持論を展開されていました✨この本、賛否別れる内容ですが☺️やたらと熱量を感じる本でした🔥

2019/07/30

NICKNAME

久々の大前氏の本。現在の世界にある問題についてとても分かりやすく説明してくれている。また大前氏なりの解決策も示していてとても合理的に理にかなっている。とても勉強になった。昔から彼が言っている日本に道州制を導入することや、中国ですら連邦制にしてますというアイデアはとても合理的である。彼の言うことは昔からブレがない。また昔から言っていたことが現に当たっていることも多いのだと思う。なぜ日本政府は、シンガポールがそうした様に、彼のアドバイスを真剣に受け止めて対策を打たないのだろうか?

2019/06/12

アベシ

本当に民主主義はだめなんだろうか。アメリカは今、一時的に混乱しているだけで、また世界のリーダーになってくれるんじゃ・・と思いたい。これはノスタルジーなのか。アメリカンドリームは最早、昔話なのか?著者はそんな思いには目もくれず、数字にものを言わせ、厳しい現実を突きつける。これから日本はどうあるべきか、真剣にかんがえるべきときが来た。

2019/09/11

HMax

2時間でわかるという通り、大前流の簡単に世界の流れが分かる本。平成の30年、ほぼ全ての経済指標は水平飛行(名目賃金は7%下落)する中で、債務残高だけGDP比70%程度が240%へ上昇。国の政策もまずかったけれど、いつまでも昭和の成功体験が忘れられない経営者の責任も大きいです。2045年のシンギュラリティに向けてリカレント教育の充実が必須。トランプ大統領についてのコメントが面白すぎです。大前さん、日ロ平和条約締結はされませんでしたよ残念。

2020/09/15

まゆまゆ

アメリカという覇権国家の喪失、マスメディアの衰退、アカデミアと現実の乖離、この3つによって世界の正常化プロセスが働いていないのが現在の世界情勢である。経済ではスマートフォンによる既存ビジネスモデルの崩壊とデジタルディスラプションの加速化によって、ますます一極集中が強まる予想が。いくら道州制が必要と訴えても小選挙区で選ばれた国会議員が実現の道筋をつけるのは無理として、半ば諦めの気持ちもありそう。

2019/12/09

感想・レビューをもっと見る