読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大前研一 日本の論点2020~21

大前研一 日本の論点2020~21

大前研一 日本の論点2020~21

作家
大前研一
出版社
プレジデント社
発売日
2019-11-14
ISBN
9784833423458
amazonで購入する Kindle版を購入する

大前研一 日本の論点2020~21 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

大前さんといえば数十年前は経営関連のコンサル的なご本を出しておられたというイメージが先行していました。最近はこのような時事評論的な本を出されていたのですね。国内編と国際編に分かれていますが、国内編のほうがインパクトというか面白い見方をされているような感じでした。堺屋太一さんの言われているようなイメージを持ちました。とくに新紙幣発行についての話は今後どうなるのか追って行きたい気がします。

2020/03/16

壱萬弐仟縁冊

目次と結論! を先に読んで、気になった結論の理由を遡る読み方もアリだと思う。コロナ前に出版されているので、前提が狂ったのは五輪延期(私は中止だと推測しているが)であった。財務省が2024年に密かに進める〝令和の徳政令〟プランが気になった(056頁)。結論! は、紙幣の刷新は、財政破綻を避けるために、ストック課税へのシフトを目論む財務省が周到に準備(066頁)。新紙幣の絵柄は、1万円札が渋沢栄一、5千円札が津田梅子、千円札が北里柴三郎(057頁)。高校入試の社会に出そうな気がした。

2020/06/14

HMax

「アホ」が支配する世界で私たちはどう生きていけばいいか。今月3冊目の大前さん。国内編:平成元年グローバル時価総額ランキング、10位までの7社は日本企業、令和元年は0社、最高でトヨタの43位。 規制緩和・撤廃で何とかなるレベルではない。海外編:トランプ大統領のme first、文大統領の日本を仮想敵国とする核兵器、世界一流サイバー部隊を持った統一コリア。世界中アホばかりなので、自分がしっかりしないといけませんよという話し。選挙で「賢い」政治家がでてくれば応援します。

2020/07/24

NICKNAME

昨年に続き、大前氏の「日本の論点」を読む。いろいろな問題等に対してとても合理的な答えを持っている人であるのは昔から変わらない。しかしなぜ日本の政治家や役人はこの人のアイデアを取り入れないのか昔から不思議である。過去に日本以外の国々の中枢機関においてアドバイスをして良い結果を出している人なのに・・・やはり既得権益を守ろうとする人たちが相変わらず多く存在するという事でしょう。

2020/02/13

柏バカ一代

全体的には考えが旧いと感じるが、基礎がしっかりしてる印象がある。コレが保守の人の積み重ねじゃないかと思ってしまった。知らんけどw あと、論の圧力が凄いw その中でも特に感心したのがキーワードの解説。このキーワードで逃げる本が多い中、解説を入れるか・・・マジで凄い。 だ・け・ど。納得いかないモノもありました。記者会見で沈黙はダメじゃね?

2020/01/10

感想・レビューをもっと見る