読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日本人とインド人 世界市場「最後の成長エンジン」の真実

日本人とインド人 世界市場「最後の成長エンジン」の真実

日本人とインド人 世界市場「最後の成長エンジン」の真実

作家
グルチャラン・ダス
野地秩嘉
出版社
プレジデント社
発売日
2020-05-12
ISBN
9784833423632
amazonで購入する Kindle版を購入する

日本人とインド人 世界市場「最後の成長エンジン」の真実 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

奏市

優秀な人材多く、デジタライゼーションで先をいく国を知る事は、刺激あり面白かった。日本とインドは結構似ていると感じた。アンチ中国、個人より集団を大事にする、生真面目。インドの優れている点、冒険心・起業意識高い。日本の優れている点、他国のいい面を取入れ日本らしく馴染ませる。冒頭で、著者はドナルド・キーンさんと親交があったと知り、キーンさんの本に取り組んでいる者として嬉しかった。インド人は話し好きで、分裂症気味でもあるって、中谷美紀さんの『インド旅行記』の記述と一致する。早い時期に進出した鈴木修会長の先見凄い。

2020/06/15

わたお

インドと言えばヨガとインダス川と、カースト制。くらいしか思い浮かびませんでした。ところが今インドは人口ボーナスを控え、今後最も発展するであろう国となっていた。日本人とインド人の性格の違いなどを例にインドのことが身近に感じました。

2020/09/29

magic makky

【感想】インドには4種類のカーストがあることだけしか知らなかった。バラモン、クシャトリア、バイシャ(商人)、シュードラの4つの他に、約2000ものジャーティと呼ばれるサブカーストがあり、職業別にもなっており機能しているとのことだった。インド人が何よりも優先していることは、「ダルマ」だそうだ。それは倫理的規範や法律、宗教義務ほか人間の生きる道を明らかにするものを指しているといいます。日本人にとってのダルマは?と問われた時、もしかしたらそれは失われつつあるのではないかとハッとした。

2020/07/12

僕です

日本人に対する指摘が自分にされているように感じるほど多様性のない日本。一方多様性や経済施策によってこれまで低成長だったインド。人口がますます伸びる成長市場と成長に必要なマインドを持ってるインド人。一方安定主義と低成長の日本。日本人はどうなってしまうのだろうか。インドに進出したスズキの方みたいな経営者は出てくるのかどうなのだろうか。

2020/08/30

Ken Yaman @インド在住

2020/6/25 感想19 ★★★★☆インド在住駐在員です。”日本人は日本人のいるところに進出する。冒険心がない。そこに日本人ビジネスマンのひ弱な商人魂を見ます”という一節に、心揺さぶられた。縁あってインドに関わる身として、日本人にインドの魅力をもっと知ってもらい、どういうビジネスアプローチが適しているのか提言できる存在になりたいと思った。その他ためになったこと・18世紀初めインドのGDPは世界の22%あった・独立後は社会主義的体制で経済失速、失われた40年に・1991年の経済改革は明治維新並みだった

2020/06/23

感想・レビューをもっと見る