読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ビビる大木、渋沢栄一を語る ~僕が学んだ「45の教え」~

ビビる大木、渋沢栄一を語る ~僕が学んだ「45の教え」~

ビビる大木、渋沢栄一を語る ~僕が学んだ「45の教え」~

作家
ビビる大木
出版社
プレジデント社
発売日
2020-12-11
ISBN
9784833424004
amazonで購入する Kindle版を購入する

ビビる大木、渋沢栄一を語る ~僕が学んだ「45の教え」~ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kei302

幕末好きの大木さんが〈その感覚は今の時代にそぐわない〉かも…という切り口で遠慮がちに解釈する渋沢栄一解説本。 読みやすくて、愚痴っぽい部分もあるけど、大木さんのやわらかい語り口に苦笑いしたり同情したり。 今の若者たちは「面倒だから」縦ラインが嫌い・後輩芸人に教えるのは難しいと、葛藤するお笑い中間管理職の大木さんに渋沢栄一さんの言葉でエールを。 葉のためには枝を 枝のためには根を 培養させねばならない/「慣れることに」に慣れてはいけない/満足することは衰退の第一歩である   NetGalleyJP

2021/01/14

hitsujimei

父にもらった論語と算盤は難しそうで抵抗があったので、その前にこちらを読ませて頂きました。ビビるさんの目線から共感できることや、今の時代はちょっと違いますよ、、、と渋沢さんにツッコミを入れていて面白い。おかげで論語と算盤も前半読めましたし、大河ドラマも理解して楽しめそうです!

2021/01/31

感想・レビューをもっと見る