読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

頭のよさとは何か

頭のよさとは何か

頭のよさとは何か

作家
中野信子
和田秀樹
出版社
プレジデント社
発売日
2022-03-31
ISBN
9784833440387
amazonで購入する Kindle版を購入する

頭のよさとは何か / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

本詠み人

中野信子さんは新刊追っている著者さんです。過去の学歴で頭の良し悪しを考えるのはおかしい。学び続けないとどんどん馬鹿になる。頭のよさとはどれだけ思考に幅があるか…など、このお二人だからこその相乗効果を感じるテーマでした。そして、頭のよさとは能力ではなく態度だと結論にされていました。だが、こうして誰かと会話が盛り上がるのも、ある程度の共通認識がお互いの頭にあるからなので、知識を保存できる知能は欲しいなぁ✨

2022/08/18

Carlyuke

さっと読めて学ぶことが多い。頭のよさとは生き方かなと思った。知識のある人より知恵のある生き方上手な人を推奨しているのかな。 日本人の超保守的なところ, リスクを取らないところを成長を避ける要因としている。金儲けと学問的な追求を別物とするのは参考になった。二人とも東大出で, 保守的ではなく海外経験があるので日本的な部分をメタ認識的に客観的に語っているのが面白かった。 和田さんの語っている「面白い老人」っていいなと思った。年取っても新しいモノの見方や考え方幅の広い偏見のない深みのある人間になりたいと思った。

2022/07/25

油すまし

和田秀樹さんと中野信子さんの対談。精神科医として多くの高齢者を見てきた和田先生が言うには、年をとると記憶障害や知能障害が起こるはるか以前に、まず脳の前頭葉機能が衰える。意欲だとか、新しいことへの対応能力だとか、クリエイティビティとか、そういった能力から先に「老化」する。思考が前例踏襲型になり、感情のコントロールが悪くなる。考えたり発想したりする習慣を身につけることが大事。学歴や肩書きじゃなく現時点での頭のよさ。昨日より今日、今日より明日!「面白い人」は無敵の人。頭のよさとは、能力ではなく態度である。

2022/09/07

おにぎり

そもそもアタマの良しあしにそんなに拘るのはなぜか。人目が気になるから? 財産を得たいから? 人生豊かに暮らしたいからとかいろいろ。持っている知識や教養を加工・応用していくことが大事と言われている。iPoneやiPadを開発したスティーブジョブズはアメリカの消費行動を変えた。高くてもいいモノが欲しいという意識が経済の支えになる。それが安いモノしか売れない社会では国際競争力が落ちてしまう。言われていなければ、気付かなかったかもしれない。

2022/07/14

kayo

読む前に自分がもっと賢くなっておかないと理解が追いつかないという反省で頭いっぱい。著者二人の知識教養から繰り出される話題と分野の多さには恐れ入ります。お二方とも東大ご出身。が、その出身大学の価値は双方があまり高くは評価はされておらず、学歴偏重の崩壊や教育者側の無能など、厳しいご意見も出ていました。頭に残った言葉としては「知らない世界を自分のものにする力」。誰も知らないことを知ろうとすることが知性。蓄積した知識を元に、出くわす事態に幾つもの視点を持って取り組めること。既存の価値観を覆すことが出来る勇気。続く

2022/04/30

感想・レビューをもっと見る