読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

見抜く力――びびらない、騙されない。

見抜く力――びびらない、騙されない。

見抜く力――びびらない、騙されない。

作家
佐藤優
出版社
プレジデント社
発売日
2021-01-16
ISBN
9784833451635
amazonで購入する Kindle版を購入する

見抜く力――びびらない、騙されない。 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

てつJapan

【良かった】著者の、性悪説で人を信じ切らない考え方は参考になります。後半になるにつれ見抜く力から関係なくなる。

2021/03/17

Happy Like a Honeybee

人間は強くなければ生きていけない。優しくなければ生きる価値がない(チャンドラー) 佐藤優氏の時間管理術に圧倒。 イスラエル政府「悪魔の弁護人システム」とは。 横浜の崎陽軒におけるローカルマーケティング。 早稲田大学政治経済学部による数学必須化。 魑魅魍魎の世界を行く抜くには自身の頭脳を鍛えるしかないと実感しました。

2021/03/10

やま

著者の異例の経歴にも関わらず、その著作は一般人にも応用可能な示唆に富んでおり、本書も同様。またブックガイドとしても秀逸。

2021/02/25

ray

☆5 目の曇りをとり、自ら考える力が重要。常識や専門家の意見を鵜呑みにせず自ら情報を得る。/GAFA、富を占有する資本主義では終わりが来る。AIネイティブは受動的。自ら選択しているつもりで、客観的でもない公平でもないものを選ばされているだけ。/必要なのは品性。感化力をつける。小説・映画で人生の代理経験を。文理融合。教養は幅広い学びから。/世の中にはびこる悪事についても知る。被害者として巻き込まれるのもいけない。/家庭教育についても大変参考になった。

2021/02/26

RS

自身の特異な経歴、経験をふまえて語られる内容は説得力抜群。騙されないために必要なこと。嫉妬を避けるための会食。品性の見極めと価値判断がリーダーの役目。合理的に判断できることだけではない。未来が変われば、過去も変わる。

2021/02/23

感想・レビューをもっと見る