読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

世界のあいさつ (みるずかん・かんじるずかん)

世界のあいさつ (みるずかん・かんじるずかん)

世界のあいさつ (みるずかん・かんじるずかん)

作家
長新太
野村 雅一
出版社
福音館書店
発売日
1989-10-31
ISBN
9784834004939
amazonで購入する

世界のあいさつ (みるずかん・かんじるずかん) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちえ

こちらも読友さんのレビューで本棚から出してあったのをゆっくり手に取る。すぐにまねをする猫と一緒に飛行機に乗って世界のあいさつを調べに行くおじさん。ほんと世界にはいろいろな挨拶があるねえ。アフリカは部族によって挨拶も随分違う。長新太さんのゆるい絵に巻末に野村雅一さんの「さて、あいさつって何なんだろう」という説明も興味深い。日本人はあいさつ好きなんだね。この本は昔古本屋さんで買ったんだと思うけどすっかり忘れていて、読み返すきっかけをくれた読友さんに感謝(^^♪

2019/04/07

momogaga

【オトナこそ絵本を】世界各国のあいさつを紹介。特にアフリカの民族編は興味深かった。最後の解説は日本のあいさつの特殊性を詳しく説明してあり勉強になりました。

2015/12/31

る*る*る

本日の研修のため、私の選んだ『国際理解』本。色んな国の『あいさつ』の違いを知ること。国際理解の第一歩✴︎

2015/10/15

たまきら

図書館にて。オタマさん表紙にくぎ付け。アフリカ好きだもんね~。挨拶をいろいろ楽しめましたが、図書館でやると興奮しすぎちゃいます…。

2015/12/07

ochatomo

『とにかくいろいろなあいさつがあってべんきょうになるね ハハハ』日本での“おじぎ”のようなボディランゲージを、猫をおともに世界旅行の形で24例も描いたのが長新太さん 親しい間柄でいちいち挨拶するのはおかしいと考える国が多いことやおじぎでは挨拶させてもらえなかった気がするらしい等の解説4頁を野村雅一さん 1989刊

2019/03/19

感想・レビューをもっと見る