読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ぼくらの地図旅行 (福音館の科学シリーズ)

ぼくらの地図旅行 (福音館の科学シリーズ)

ぼくらの地図旅行 (福音館の科学シリーズ)

作家
那須正幹
西村繁男
出版社
福音館書店
発売日
1989-01-31
ISBN
9784834008265
amazonで購入する

ぼくらの地図旅行 (福音館の科学シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

HIRO1970

子供の本。

2019/04/20

へくとぱすかる

鳥の目からのイラスト。地図の流れを生きた旅行にする小学生の友情物語。 細部にさりげなく書き込まれた遊びがうれしい。大人の鑑賞に耐える絵本。地図を再勉強したくなりますね。モデルになった山口市南岸をストリートビューで見比べると、より楽しい。

2013/12/24

こどもふみちゃん 

小1の次男と小3の長男かじりつき。地図を見て目的地に行こうとする小学生2人のお話。地図記号が乗っていて勉強になる。学校で学習する前に読むとよさそう。小1~4年位向け?。

2013/06/13

まげりん

古い本とはいえ、面白かったー!ナビが当たり前になった時代だからこそ、夏休みにこんな体験も面白いかも。

2016/05/06

杏子

これは何度も楽しめる本。地図をながめながら、のんびりシンちゃんとタモちゃんの二人の小学生がはるばる岬の灯台目指して歩いていく様子を眺めた。道中、細かく描かれた風景に懐かしいものを感じた。小さく描かれた人や車、動物たちなど巻末に索引がついていて、後から探すのも楽しそうー 地図上で書かれた記号と絵とを比較するのも面白い。と、思って最後まで読んだら、モデルは山口県防府市となりの秋穂町だという!秋穂町には、何度か遊びに行ったことがあるけど、灯台があるところは知らなかった。どこなんだろー?

2012/06/17

感想・レビューをもっと見る