読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

チムもうひとつのものがたり コックのジンジャー―チムシリーズ〈11〉 (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)

チムもうひとつのものがたり コックのジンジャー―チムシリーズ〈11〉 (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)

チムもうひとつのものがたり コックのジンジャー―チムシリーズ〈11〉 (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)

作家
エドワード・アーディゾーニ
Edward Ardizzone
なかがわちひろ
出版社
福音館書店
発売日
2001-10-10
ISBN
9784834017212
amazonで購入する

ジャンル

チムもうひとつのものがたり コックのジンジャー―チムシリーズ〈11〉 (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

gtn

報復の恐れを厭わず、卑劣な人間に毅然と処分できる船長も偉い。勧善懲悪は胸がすくが、それを実現させるには勇気が必要。

2020/10/04

遠い日

シリーズ11。最終巻。チムとジンジャーの海への憧れ、航海への希求はやみ難く、とうとう両親を巻き込んでの航海へ。船で働くことがこんなにも好きなチムに、神が味方したのか、途中からチムとジンジャーのみでの乗船となったあたりからの急展開は、息を呑む。正しいこと、勇気を持つこと、やり抜くこと、チムとジンジャーは、多くのものを掴み取った。

2018/08/02

Lesen

シリーズ別巻。チムは親との約束で段々と元気がなくなりました。そこで、両親とジンジャーと海の旅に出る事になりました。チムとジンジャーは乗組員として働きました。乗組員の半分が食中毒に。。。ジンジャーの料理すごいですね。ネズミ入りシチューは食べたくないです。。。表情が良かった様です。また、チム達に会えたのは嬉しいですが、これが本当に最終巻なので寂しいです。子供達も同じような気持ちの様です。

2014/02/25

うっきー

シリーズ完結後の別冊。 最終巻で、大人になるまで航海に出ない約束のチムが、海に出られないと鬱気味になってしまい、両親を伴って海へ。 途中、父親の仕事の電報が入り、両親下船でそこからはいつものトラブルパターンに。 しかし両親は客室で旅行なのに、子供達は船員ってアリなのか…。と思いつつ、大活躍するチムが微笑ましかったです。 子供がこのくらい大人と渡り合える機会は、今の世の中少ないけど、かわいい子には旅をさせよということなのでしょう。

2015/03/09

ネジとサビ

こんな風に一人前に扱ってもらえるなんて誇らしいだろうなぁ。 これを読んでもらった子どもたちも、自分だって出来るかもと、勇気がもらえそう。 好きなシリーズです。

2020/01/23

感想・レビューをもっと見る