読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

がいろじゅ―いちょうのきのいちねん (かがくのとも特製版)

がいろじゅ―いちょうのきのいちねん (かがくのとも特製版)

がいろじゅ―いちょうのきのいちねん (かがくのとも特製版)

作家
菅原久夫
石部虎二
出版社
福音館書店
発売日
2004-01-01
ISBN
9784834019513
amazonで購入する

がいろじゅ―いちょうのきのいちねん (かがくのとも特製版) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

隙あらば手を洗う♪みどりpiyopiyo♪

あなたの まちに、がいろじゅが あるでしょう。がいろじゅというのは、みちに そって うえられた きです。がいろじゅを みに でかけましょう… ■都市でも観察できる植物は意外と沢山ありますよね。街での自然観察を促す絵本を読みました。■街路樹としてよく使われている いちょうの木。その長い生涯に想いを馳せながら、春の芽吹きから秋の落ち葉までの いちょうの1年間を辿ります。イチョウ以外の木についても丁寧に描かれているのが楽しかったです ( ' ᵕ ' ) (1995年)

2019/11/05

ろくべえ

〈公図〉★★★☆☆ 小中〜 秋の読み聞かせで選書。実物大の葉っぱの絵に迫力があります。裏表紙には実物大の実の絵。今までいちょうの花には目を留めたことがなかったので、来年の春には近所のいちょうで確かめてみよう。

2016/10/25

Miyako

いちょうの木の話。季節的にぴったりで、最後まで読んだら自然と今度落ち葉拾いに行こうねという話になりました。息子の感想は「木を大切にしようと思った」とのことでした。

2019/09/29

ケ・セラ・セラ

いちょうの木にメスとオスがあるなんて、初めて知った時は驚いたものでした。2年生に読み聞かせ。子どもたちも同様「木なのにー⁉︎」と興味をひかれたようです。いちょうだけでなく様々な街路樹の実物大の葉も圧巻。「おっきーい!」の声。木々の色も鮮やかに美しい季節です。

2018/11/22

感想・レビューをもっと見る