読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

屋上のとんがり帽子 (たくさんのふしぎ傑作集)

屋上のとんがり帽子 (たくさんのふしぎ傑作集)

屋上のとんがり帽子 (たくさんのふしぎ傑作集)

作家
折原恵
出版社
福音館書店
発売日
2008-01-20
ISBN
9784834023008
amazonで購入する

ジャンル

屋上のとんがり帽子 (たくさんのふしぎ傑作集) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

グレ

ほほうNYCのエンジンカンパニー=消防(ポンプ)隊はこの屋上タンクの水(圧)ば消火に利用するんですな。そんな消防的興味から読んだ本だけど、あの世界最先進都市の超高層ビルの屋上のタンクが木製で、これを次々と建て続けているのが4代続く家族経営の職人集団だったなんて驚き!!そんなローゼンワック一家にとって「屋上タンクに死体が」なんつう都市伝説はただただ迷惑。それにしても独立記念日の花火って、いったい何発同時に打ち上げてやがんだよ!!こいつぁ凄すぎ!!!!

2019/02/28

ぶち

ニューヨークの摩天楼と言われるビルには2, 3昇ったことがあるけれど、屋上にこんな形のものがあるなんて思いもしなかった、というか目はその雄大な景色に圧倒されて屋上なんて見向きもしなかった。この本の著者さんの着眼点はユニークで面白くて凄いなぁ。日本のビルの給水タンクはみな、プラスチックや金属性の矩形ばかり。木製の円筒形にとんがり帽子をかぶせた給水塔は、ニューヨークだけのもの。しかも理にもかなった形状。綺麗で雄大な写真を眺めていても、知らずととんがり帽子を数え初めています。すっかり、虜になっていました。

2018/11/12

ベル@bell-zou

そういえばワインの樽なんてのも木だものねぇ、などと思い、納得。温度や湿度の変化に柔軟で対応力も備えている、木。曲げわっぱのお弁当箱を毎日使っているけど、熱々炊き立てのご飯詰めてもビシャビシャにならない優れモノ。移民の労働力に支えられて出来るとんがり帽子。某タワーにはきっと設置されていないのであろう。写真はニューヨークの眺めも単純に楽しめる。

2018/12/01

ちえ

これは楽しい♪そういえば映画や写真で目にしていたとんがり帽子。何なのかは、大体想像通りだったけれど、何でできているのかや、できるまでなど、とっても面白かった~(#^^#)写真もきれいでワクワクしました。行ってみたくなるな~。

2018/10/06

gtn

奇妙な建造物は、幼いころから見慣れている地元民ほど気付かない。

2020/10/26

感想・レビューをもっと見る