読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

街どろぼう (福音館の単行本)

街どろぼう (福音館の単行本)

街どろぼう (福音館の単行本)

作家
junaida
出版社
福音館書店
発売日
2021-07-09
ISBN
9784834086225
amazonで購入する

ジャンル

街どろぼう (福音館の単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

「怪物園」に続いてjunaida、2作目です。装幀も絵も美しい、哀しく切なく温かい物語です。山の上の巨人とは、何の暗喩でしょうか? https://www.fukuinkan.co.jp/junaida/

2021/07/07

美紀ちゃん

寂しい気持ちは、周りに人がたくさんいてもうまらないことがわかった。 寂しい気持ちは、自分のことをわかってくれる本当の友達が1人いれば、うまることがわかった。 街を作ったら、その街の王様なのに、寂しいなんて、 違う道を選んで正解だったね。 道徳に使えそうな内容。 中学校の図書館に置くのにも、とても良いサイズ感。

2021/07/22

たいぱぱ

『みち』と『怪物園』を足したような作品でしたが、ストーリーがちょっと弱いように思います。どうしても傑作『の』や『みち』の様な面白いアイデアも求めてしまうのでハードルが高くなってるのかもしれません。しかし日本人とは思えないこの絵のタッチは相変わらず素晴らしいと思います。ポケットに入ってる犬小屋なんて可愛らしいイタズラの様でほっこりしますよ。

2021/07/30

紫 綺

作者の得意分野を存分に活かした素敵な絵本。寂しがりやの巨人は、結局友だちが欲しかったんだね。家ごと持って来る必要なかったのに…。なんか哀しい。

2021/07/30

寂しがり屋の狼さん

巨人がほしかったもの…本当に大切なものは何かを教えてくれる優しい物語(◕ᴗ◕✿)

2021/07/31

感想・レビューをもっと見る