読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

じゃあまたね (集英社ホームコミックス)

じゃあまたね (集英社ホームコミックス)

じゃあまたね (集英社ホームコミックス)

作家
清原なつの
出版社
ホーム社
発売日
2018-09-25
ISBN
9784834232714
amazonで購入する

じゃあまたね (集英社ホームコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐっち

清原なつのさんが、子供の頃飼っていた猫の漫画?ついでに猫のタイガー視点でのご本人の子供時代と、ついでのついでに昭和のSF&漫画史が読めてしまいます。私はもうひとまわり下なので、そんなのがリアルタイムですごいな~という感じです。あと理系進学と女の幸せとか、一回りでだいぶ価値観がちがったんだなあ。淡々としてるけど味わい深い一冊です。

2018/09/29

緋莢

お気に入りに登録している方の感想で興味を惹かれて、手に取りました。著者の清原なつの名前は知っていますが、作品は読んだ事無く(『千利休』は気になっています)実は初読み。1967年。小学生のユウコは、友達から一匹の子猫を譲り受け、タイガーと名付け、共に過ごします。小学生の頃はマデレイン・レングル『五次元世界のぼうけん』を漫画で描こうとするも、五次元運動をどう描こうか迷ったり、中学生の頃に中学三年コースにユーモア小説を投稿、掲載されたり(続く

2018/12/08

えも

つい、買ってしまった。清原なつのの岐阜時代の自伝的マンガ。昭和の商店の描写が懐かしい▼娘は「つまらん!」と言っとったが、そらそうだわな。

2018/11/11

汚壌

人語を解するタイガーがかわいかったです。 大好きな清原なつの先生の少女時代、影響を受けたものなど知れて面白かったです。

2019/01/17

たま

懐かしい・・・・少女漫画黎明期の空気が懐かしく思い出される。そしてあの頃の確かにあった女の子の微妙な立ち位置は私の中に実体験としてあるのよね~

2018/10/11

感想・レビューをもっと見る