読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん Season5 (ホーム社書籍扱コミックス)

邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん Season5 (ホーム社書籍扱コミックス)

邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん Season5 (ホーム社書籍扱コミックス)

作家
服部昇大
出版社
ホーム社
発売日
2021-02-25
ISBN
9784834285123
amazonで購入する Kindle版を購入する

邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん Season5 (ホーム社書籍扱コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

海猫

この巻はわりと普通に観たくなった映画が多かったな。「エクストリーム・ジョブ」とか「初恋」やら「鍵泥棒のメソッド」など。良さげな映画は褒め殺しみたいな描き方をしていないので、なんとなくわかりますね。「ドカベン」の実写版の話題はよく聞くけど、野球は最後の数分しかやってないとはビックリした。「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」も機会があったら観ておきますかね。「喝 風太郎!!」や「That's カンニング! 史上最大の作戦?」など存在すら知らなかった映画なものの、意表を突く切り口で気になる。

2022/05/25

kei-zu

5巻目にして、表紙にようやくの部長が登場。本書の1本目では、同級生に「な~んか前より全然喋りやすくなったよね?」とか言われています。 そのほか、邦キチと海に行ったり、なかなか充実の高校生活じゃないですか(本書でちゃんと突っ込みあり)。 とはいえ、そのような中でも平気でぶっこんでくるのが我らの邦キチです。 「ジョジョ」の実写版に続編は無いよぉーと突っ込みながら、部長と同じく読者は片目に「☆」をつくるのです。

2021/02/25

花乃雪音

本巻でも実写版『ドカベン』や『事故物件 恐い間取り』など50年くらい前の作品から近年劇場公開されたものまで取り上げられている。本巻で一番興味深かったのは2019年公開の韓国映画『』エクストリーム・ジョブ』だった。麻薬捜査チームが潜入捜査にフライドチキン屋を開き真面目に(フライドチキン屋)の仕事をしたら店が繁盛してしまう、というコメディ映画らしい。韓国のドラマや映画にあまり興味がないのに珍しく食指が動いた。

2021/03/16

わたー

★★★★★ジョジョの実写化では、高橋一生主演の「岸辺露伴は動かない」がNHKでやっているためこれまたタイムリーだなと。勿論、こちらで取り上げるのは、第一章と銘打たれているのに一向に続編が作られない邦画のアレ。改めて紹介されてみると、これまでの本シリーズで登場してきたた、実写化によく出演する俳優陣が名を連ねていて、もはや淳レギュラーと見紛うばかり。邦キチちゃんの楽しみ方がちょっとわかってきたような気さえする。

2021/12/25

モルテン

発売日に買って既に2回読み返した。好きだ邦キチ。邦画のダメなところも失敗したところもまるごと包んで笑い飛ばして「好き」という勢いと包容力満点なところが良い。増え続けてきた登場人物も落ち着いてそれぞれのキャラクターが深堀りされてきた今巻。邦キチと部長が付き合ってるの?の話題が出たときのヤンヤンが彼女らしくて可愛い。

2021/02/25

感想・レビューをもっと見る