読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

戦争の法

戦争の法

戦争の法

作家
佐藤亜紀
出版社
ブッキング
発売日
0000-00-00
ISBN
9784835440644
amazonで購入する

戦争の法 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

マウリツィウス

【佐藤亜紀の子午線】「戦争の法」とは古代におけるナポレオン統治再現再記録、『バルタザール』『鏡の影』の想起を形式模倣したこの参照テクスト群は「世界文学」=「国文学幻想批判」と重ね合わせる。古代古典は墓場へと葬られた。幻想と混在した悪夢詩的悪夢図説は古来より伝わる寓話を奏でていく理論集と愚話談。国文学など異教文書の明治維新の偉大さを讃えたに過ぎんわ、と語るであろうタイラントはローマ帝国を破滅させる。この黙示録とも呼べないフランス古典を齧っただけの衒学遺産を凄い、凄いと褒めるわけにはいかない。粉微塵にすべき。

2013/05/29

Ai

日本の東北から中部地方のどこかにあるN○○県が、共産主義国として独立。結果として文学青年になる主人公の回顧録。ゆえに、端正で皮肉が効いた文章のため、パージに内紛、派閥争いが起こっているにも関わらず血なまぐささは弱く、人物のユニークさが活き活きしている。特に、トリックスター・伍長や天才狙撃手・千秋が魅力的。戦争に参加したこと=悲惨、トラウマではなく、人生の一部として飲み込む主人公のスタンスが好き。外国人ジャーナリストに、嬉々と嘘八百の戦争ポルノを提供するのも皮肉が効いてて最高。

2019/11/22

ホレイシア

旧バージョンで持っているのが自慢だったりして。

2008/01/28

seat

文章が女性ぽくない!クールなお話。 あり得ないカオスな物語なのにどこかリアルで怖かったです(笑)

2019/07/23

adhvanya

面白い事は面白い。あんまり女臭くない。けど、なんだろうかあいまいもことした世界で、しかもそれを狙って書かれているようにも思えない。文学にはなりきれてない文章、中間小説という評価になってしまう。

2010/08/02

感想・レビューをもっと見る